webデザイナーはやめとけ!後悔する理由やフリーランスのデメリットを解説

 

「Webデザイナーになるのは辞めとけと言われる理由は何?後悔する理由やフリーランスのデメリットを知りたい!」

 

近年、Webデザイナーは需要が増し、人気の高い仕事となっています。

しかし、そんなWebデザイナーになるのを辞めとけという声も実際に多くあるんです。

 

  • Webデザイナーになるのは辞めとけと言われる理由はなに?
  • Webデザイナーになると後悔する理由は?
  • Webデザイナーでフリーランスになるデメリットは?

など、Webデザイナーという仕事についていろいろ知っておきたいですよね。

 

そこでこの記事では、『Webデザイナーは辞めとけと言われる理由』や『後悔する理由』などについて詳しくご紹介していきます。

また、『Webデザイナーでフリーランスになるデメリット』についてもご説明するので、ぜひ参考にしてください!

 

webデザイナーはやめとけ!後悔すると言われる3つの理由とは?

webデザイナーはやめとけ!後悔する理由やフリーランスのデメリットを解説

 

辞めとけと言われる声の多いWebデザイナーですが、後悔すると言われる理由にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、後悔する理由を具体的に3つご紹介するので、さっそく見ていきましょう!

 

理由1:薄利多売で年収が低い

 

Webデザイナーになると後悔すると言われる理由の一つ目が「年収が低い」ことです。

なぜなら、Webデザイナーは薄利多売のビジネスのため受注する金額が低いからです。

 

受注金額が低い理由としては、多くのWeb制作会社が存在し、価格競争が激しいことが考えられます。

結果的に、どんなに仕事で成果を出したとしても年収が上がりにくいんですね。

 

また、薄利多売なビジネスは低価格で販売しやすい反面、ひたすら手を動かすだけのキツい仕事の可能性が高いんです。

特に中小企業の場合、Webデザイナーの単価は低く、収入も上がりにくい傾向があります。

 

理由2:残業が多くてつらい

 

Webデザイナーになると後悔すると言われる理由の二つ目が「残業が多くてつらい」ことです。

なぜなら、クライアントの要望に完璧に応える必要があるから。

 

例えば、納品後の修正依頼や細かい要望など、限界まで応える必要があるんですね。

特にデザインや文章に関しては、明確に指示を出してくれるクライアントは少なくとても大変です。

 

酷い場合だと、朝8時から終電間近の24時まで仕事をすることもあるようです!

 

理由3:キャリアパスが狭い

 

Webデザイナーになると後悔すると言われる理由の三つ目が「キャリアパスが狭い」ことです。

なぜなら、Webデザイナーからステップアップした先が「進歩管理をしながら自分自身も実務を行うディレクター」しか無いから。

 

ディレクターの仕事は、短い納期で負担が大きいプロジェクトの責任があります。

また、スケジュール通りに納品を進める必要があるため、ストレスフルな仕事なんですね。

 

なので、最終的にステップアップした先がディレクターしかないので、辞めとけと言われているんです!

 

webデザイナーのフリーランスもやめとけ!いきなり独立するデメリットは?

webデザイナーはやめとけ!後悔する理由やフリーランスのデメリットを解説

 

前項ではWebデザイナーになると後悔する理由をご紹介しました。

そんな中、「フリーランスで独立すればいいんじゃないの?」と思われる方もいるでしょう。

 

しかし、Webデザイナーはフリーランスにもデメリットがあるんです。

そこでここでは、Webデザイナーとしていきなり独立するデメリットを3つご紹介していきます!

 

デメリット1:web制作業界の常識がわからない

 

Webデザイナーとしていきなり独立するデメリットの一つ目は、「Web制作業界の常識がわからない」ことです。

Web制作業界には、意外と知られていないさまざまな常識があるんですね。

 

例えば以下のように、暗黙の了解のような常識があります。

 

  • title要素には地域名、業種名、社名を入れる
  • ロゴをクリック後、トップページに戻るようにする
  • スマホのメニュー表示はハンバーガーメニューにする
  • ロゴは左上に設置する
  • OSやブラウザによって表示が変わる

 

このように、仕事をする上で知っておかなければいけない常識がたくさんあります。

会社で働く場合、この常識は自然と身につきますが、いきなり独立するとこれらの常識を知らずに仕事をすることになるんです。

 

そうなると、クライアントから「レベルの低いデザイナーなのか」と思われて次の仕事に繋がらない原因になるんですね!

 

デメリット2:web制作以外の業務も発生する

 

Webデザイナーとしていきなり独立するデメリットの二つ目は、「Web制作以外の業務も発生する」ことです。

例えば会社に勤めている場合は、Web制作業務やデザイン業務などをメインで行うだけのところが多いです。

 

しかし、独立してフリーランスになった場合、自ら仕事をとってくる必要があるんですね。

つまり、Web制作業務やデザイン業務以外にも、営業活動が必要になるわけです。

 

なので、いくらWebデザイナーとしてのスキルが高くても、営業で仕事が取れないと意味がないのがデメリットといえます!

 

デメリット3:生活とメンタルが不安定になる

 

Webデザイナーとしていきなり独立するデメリットの三つ目は、「Web制作以外の業務も発生する」ことです。

前項でご紹介した通り、Webデザイナーとして独立して仕事を得るには営業活動が必須になります。

 

また、Webデザイナーとしての経験が少ないと安い単価でしか仕事を取れないんですね。

そのため、ある程度仕事をとって経験を積むまでは、生活が不安定になりやすいんです。

 

そうなると、今後の不安も大きくなりメンタルも不安定になりやすいのがデメリットといえます!

 

webデザイナーに向いていない人の特徴は?就職検討している人必見!

webデザイナーはやめとけ!後悔する理由やフリーランスのデメリットを解説

 

ここまではWebデザイナーになると後悔する理由や、フリーランスのデメリットについてご紹介してきました。

しかし、それでもWebデザイナーに就職したいという人もいるでしょう。

 

そこでここでは、「Webデザイナーに向いていない人の特徴」をご紹介していきます。

Webデザイナーに就職・転職をご希望の方は、以下の3つの特徴に当てはまっていないかを確認しましょう!

 

特徴1:クライアントの指示に反発してしまう人

 

Webデザイナーに向いていない人の特徴として「クライアントの指示に反発してしまう人」が挙げられます。

なぜなら、仕事の依頼を受けたのに自分のこだわりに合わなくて反発してしまうと、クライアントの要望と乖離してしまうからです。

 

そうなると、クライアントからの依頼が減り、Webデザイナーとして求められる機会が少なくなってしまうんですね。

これらの理由から、クライアントの指示に反発してしまう人はWebデザイナーに向いていないと言えます!

 

特徴2:クライアントの意図を汲む能力がない人

 

Webデザイナーに向いていない人の特徴の二つ目は「クライアントの意図を汲む能力がナイ人」です。

なぜなら、Webデザイナーで一番大切なのはクライアントの要望に応じたデザインを作ることだからです。

 

例えば、意図を読めずに要望とはズレた成果物を出していたら、クライアントを満足させられませんよね。

そのため、クライアントの意図を読みとる能力がなければ、Webデザイナーは向いていないと言えます!

 

特徴3:納期に合わせて細かく時間管理できない人

 

Webデザイナーに向いていない人の特徴の三つ目は「納期に合わせて細かく時間管理ができない人」です。

なぜなら、ほとんどのWebデザイナーの仕事には、「納期」が存在するからです。

 

例えば、Web制作の依頼をクライアントから依頼された際、期日までに納品する必要があります。

そのときに、納期に合わせて細かく時間管理ができないと、最悪納期に間に合わない可能性があるんですね。

 

Webデザイナーにとって納期を守れないのは致命傷なので、細かく時間管理できない人は向いていないと言えます!

 

まとめ

webデザイナーはやめとけ!後悔する理由やフリーランスのデメリットを解説

 

この記事では、『Webデザイナーは辞めとけと言われる理由』や『向いていない人の特徴』についてご紹介しました。

Webデザイナーは辞めとけと言われる理由は以下の3つです。

 

  • 薄利多売で年収が低い
  • 残業が多くてつらい
  • キャリアパスが狭い

 

これらの理由から、Webデザイナーになると後悔すると言われているんですね。

また、上記3つの理由を踏まえた上で、就職・転職を希望している人は、以下のWebデザイナーに向いていない人を確認しましょう。

 

  • クライアントの指示に反発してしまう人
  • クライアントの意図を汲む能力がない人
  • 納期に合わせて細かく時間管理ができない人

 

この特徴に当てはまっていれば、Webデザイナーになるのはおすすめしません。

逆に、これらに当てはまっていなければ、Webデザイナーに向いているとも言えるので就職してみるのもいいでしょう!