ベンチャー企業はやめとけ!2chのやばい噂やベンチャーが地獄な理由を紹介

 

「ベンチャー企業はやめとけと言われるのはなぜだろう?ネット上の噂やベンチャーが地獄な理由を知りたい!」

 

新しいサービスやビジネスを展開しながら成長していく「ベンチャー企業」。

個人の裁量によってバリバリ働ける一方で、「地獄だからやめとけ」という噂があるんです。

 

これからベンチャー企業で働きたいと思っている人は噂の真相が気になりますよね。

 

  • ベンチャー企業を避けるべき理由とは?
  • ネット上での口コミが知りたい
  • ベンチャー企業に向いていない人の特徴はある?

など、ベンチャー企業について知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『ベンチャー企業はやめとけ』と言われる理由についてお話していきます。

ネット上にあるベンチャー企業のやばい噂や、向いてない人の特徴についても触れていくので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ベンチャー企業はやめとけ!2chや5chのやばいウワサを紹介

ベンチャー企業はやめとけ!2chのやばい噂やベンチャーが地獄な理由を紹介

 

ベンチャー企業で活躍している人は、責任感のある仕事をバリバリこなしているイメージがありませんか?

ベンチャー企業の仕事は、やりがいがあるのだろうと思うはず。

 

一方で、ネットで囁かれている「ベンチャー企業はやめとけ」という噂を聞くと、実際はどうなのかが気になりますよね。

そういうわけでここからは、2chや5chのやばい噂をご紹介していきます!

 

風吹けば名無し:2022/03/12(土) 15:42:24.73 ID:dVnIXSUn0

みなし残業採用してるところは例外なくブラックやと思ってるわ

 

風吹けば名無し:2022/03/12(土) 15:47:48.90 ID:NJJ+jDgl0

うちもみなしやけど超過分は申請できないし決済されないんだ

 

風吹けば名無し:2022/03/12(土) 15:50:37.88 ID:mFj0Zn2q0

※固定残業時間30時間含まれてます

 

風吹けば名無し:2022/03/12(土) 15:50:52.23 ID:q//+732Va

>>42

営業で残業代出る代わりにガチガチに労働時間管理されるのもツラいけどね

みなし残業代が安すぎるんだわ

 

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1647067119/

 

風吹けば名無し:2021/06/17(木) 22:16:32.27 ID:kjrVAEds0

ベンチャーって潰れたら転職先見つかるんか?

大手に戻れる未来があるのか気になるわ

 

風吹けば名無し:2021/06/17(木) 22:17:15.93 ID:dThvViFyd

ベンチャーはそこから給料上がらない可能性あるし、逆に下るかもしれない

大手と違って定年まで会社が倒産する可能性も高い

 

風吹けば名無し:2021/06/17(木) 22:17:18.00 ID:CxCvuApP0

>>26

半分は辞めたな

実力主義やから給料一回も上がらんかったやつもおる

 

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1623934956/

 

ベンチャー企業で「みなし残業」を採用している会社はブラックだと書かれています。

みなし残業はあらかじめ給料の中に残業代が含まれていることを意味し、1日の拘束時間が長くなりがちなんですね。

 

つまり、きっちり「時間外労働」としての給料が支払われないので、会社からうまく利用される可能性があるんです。

また、実力社会なので結果を出せない人にとっては過酷な環境になります。

 

結果が出せないと給料も上がらないので、モチベーションが維持できない人が辞めていく傾向です。

なので、ベンチャー企業は社員が定着しづらい傾向にあります。

 

新卒でベンチャー企業には絶対に行くな!避けるべき3つの理由とは?

ベンチャー企業はやめとけ!2chのやばい噂やベンチャーが地獄な理由を紹介

 

「自分の能力が発揮できそうだから」と、新卒でベンチャー企業を選ぶと後悔することになりかねません。

新卒は、ベンチャー企業に絶対行かないほうがいいでしょう。

 

そういうわけでここからは、新卒がベンチャー企業を避けるべき3つの理由についてお伝えしていくので、参考にしてみてください!

 

理由1:倒産リスクが高い

 

ベンチャー企業は倒産リスクが高いので、避けたほうがいいでしょう。

まずベンチャー企業の多くは、まだ誰もおこなっていない事業を展開します。

 

そのため、一般的な企業よりも先行きが不透明になりがちで、売り上げを予測しづらいんです。

また、資金力も乏しいことが多く、企業としての基盤が弱い傾向にあるため、景気の悪化などに対応できません。

 

社会的信用も低いために銀行からの融資もなかなか受けづらいんですね。

そうなると、資金繰りがうまくいかず、倒産する可能性が高くなってしまいます。

 

ベンチャー企業に就職して間もなく倒産することもありえるので、最初から避けたほうが無難です。

新卒で社会経験を積むなら、ベンチャー企業以外の会社を選んでみてください!

 

理由2:基本的にハードワーク

 

ベンチャー企業は基本的に忙しく、ハードワークなので避けたほうがいいでしょう。

特に新卒の人は、ベンチャー企業に憧れて入社すると、想像以上にきつくて耐えられないかもしれません。

 

周りの社員がみんな忙しそうにしていると、長残業が当たり前という風潮になりがちです。

新卒の社員は仕事をあまりテキパキこなせないため、必然的に労働時間が長くなる傾向にあります。

 

自分では気づかないうちにストレスや疲労がたまり、いつか精神的に病んでしまう人も。

近年は、働き方改革により平均的な労働時間は減りつつありますが、ベンチャー企業においては未だに長時間労働の傾向にあります。

 

早く帰りたくても仕事に追われて帰れず、気付いたら残業になっているんです。

そのような労働環境は、右も左も分からない新卒にとってはハードすぎるので、絶対に行かないようにしてください!

 

理由3:給与や福利厚生の条件が悪い

 

ベンチャー企業は給与や福利厚生の条件が悪いので、避けたほうがいいでしょう。

大企業と比べてベンチャー企業は給与が低いことが多く、新卒ともなれば即戦力にならないのでなおさら高収入は見込めません。

 

また採用PRのために、ユニークな福利厚生を取り入れているベンチャー企業があります。

たとえばネイルサロン補助やマッサージ手当などがあり、これらは全員に使えるものではありません。

 

反対に、大企業で導入されている「家賃補助」や「慶弔金制度」が導入されていないケースも多々あります。

専門知識や経験がある上で、納得してベンチャー企業で働くのは構いません。

 

ですが、新卒の人は大企業などの給与や福利厚生が安定した会社を選んだほうが無難だと言えます。

あえてベンチャー企業を狙わず、まずは一般企業で経験を積むのがオススメです!

 

こんな人がベンチャー企業に入ったら地獄!向いていない人の特徴

ベンチャー企業はやめとけ!2chのやばい噂やベンチャーが地獄な理由を紹介

 

ベンチャー企業は誰にでも向いているわけではありません。

もし向いていないのにベンチャー企業に入社してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔するでしょう。

 

そういうわけでここでは、ベンチャー企業に向いていない人の特徴をご紹介するので、参考にしてみてください!

 

特徴1:安定を求める人

 

安定を求める人は、ベンチャー企業に向いていません。

ベンチャー企業は、以下の理由から「安定していない」と言われます。

 

  • 人手が少ないため
  • 資金が少ないため
  • 事業が不安定なため

 

以上のことから、給料が低かったり福利厚生が充実していなかったりするベンチャー企業が多いんです。

また、ベンチャー企業で働く人は、成果を出さないと給料が上がりません。

 

資金力が乏しいために「完全出来高制」にして、成果を出せなかったら最低保証の給料さえ出ない会社もあります。

そうなると、安定どころか生活が成り立ちませんよね。

 

また、人手不足からくる慢性的な残業と、担当が自分しかいないので休めないということが起こりがちです。

新卒で何も分からなくても、会社からの十分なフォローがないまま、大量の業務をこなさなければならないんですね。

 

挙句の果てに、事業が不安定なので常に倒産のリスクがあるベンチャー企業も多いです。

給料や福利厚生、会社そのものが安定している環境を希望する人は、ベンチャー企業には向いていないのでやめておきましょう。

 

特徴2:ネームバリューを気にする人

 

ネームバリューを気にする人は、ベンチャー企業に向いていません。

ベンチャー企業の多くは、会社としての実績が浅く、社会的信用も薄いことがほとんどだからです。

 

多くのベンチャー企業は、実績を積んでからネームバリューを築き上げていくんですね。

会社の名前が売れているかどうかが気になる人は、有名企業に就職したほうがいいでしょう。

 

ちなみに、ネームバリューがある企業(大企業など)に勤めていると、ローンが通りやすかったり、人脈を広げやすかったりします。

このように、ネームバリューがある企業は、その恩恵を受けられることがあるんです。

 

逆に、ベンチャー企業に勤めていても、いろいろな恩恵は受けられないと考えておきましょう。

ネームバリューを気にする人がベンチャー企業に入ると、地獄を味わうことになるので、辞めておくべきです。

 

特徴3:マニュアル通りに仕事がしたい人

 

マニュアル通りに仕事がしたい人は、ベンチャー企業に向いていません。

ベンチャー企業で働く人は、以下のような人材が求められることが多いです。

 

  • 行動力がある人
  • 変化に対して柔軟性がある人
  • コミュニケーション能力が高い人

 

ベンチャー企業は、社員全員で会社を成長させていくために新規顧客をどんどん増やさなければなりません。

安定的な顧客基盤やマニュアルがない中、自発的に行動する人が必要なんです。

 

「マニュアル通りじゃないと動けない」という人は、ベンチャー企業では働けないでしょう。

臨機応変に対応していく柔軟性がないと、新規事業を成功に導けないんです。

 

またベンチャー企業では、各部署の担当が決まっていないことも多く、営業も経理も全部個人でおこなう会社はたくさんあります。

自分の担当領域を決めつけて仕事をしていられない環境であることがほとんどです。

 

「マニュアルはないもの」として自分で考えながらどんどん行動できる人以外は、ベンチャー企業には向いていないでしょう。

 

まとめ

ベンチャー企業はやめとけ!2chのやばい噂やベンチャーが地獄な理由を紹介

 

今回は、『ベンチャー企業はやめとけ』と言われる理由についてお話してきました。

結論から言うと、ベンチャー企業はかなりハードワークなため、あまりおすすめできません。

 

裁量権を持って自分のペースで仕事をしつつ、結果を残せる人は向いているでしょう。

しかし、ハードワークと分かっていて入社しても、想像以上のきつさに耐えられない人が多いのが実情です。

 

ベンチャー企業に興味のある人は、今回お伝えした『避けるべき理由』や『向いていない人の特徴』を参考にしてみてください!