web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由を徹底調査

 

「Web業界は辞めとけと言われるのはなぜ?転職後の末路がやばいと言われる理由を知りたい!」

 

Web業界は、IT技術の発展によりどんどん需要が高まっており、転職や就職希望の人が増えています。

しかし、「Web業界はやめとけ」という声も多くあり、Web業界に入ることを躊躇している人も多いのではないでしょうか。

 

  • Web業界は辞めとけと言われるのはなぜ?
  • 転職後の末路がやばいと言われる理由はなに?
  • Web業界に向いていない人にはどんな特徴がある?

など、Web業界への就職・転職について、色々知っておきたいですよね。

 

そこでこの記事では、『Web業界は辞めとけと言われるのはなぜか』について紹介していきます。

また『転職後の末路がやばいと言われる理由』や『Web業界に向いていない人の特徴』も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由とは?

web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由を徹底調査

 

「就職や転職をするのは辞めとけ」と言われているWeb業界。

Web業界に就職・転職しようと思っていても、「転職後の末路がやばい」と言われていたら躊躇してしまいますよね。

 

ではいったい、Web業界がそのように言われてしまう原因には、どんな理由があるのでしょうか。

以下、『Web業界は辞めとけ』と言われる3つの理由について紹介していきます。

 

さっそくみていきましょう!

 

理由1:給料が低い

 

Web業界は辞めとけと言われる理由として「給料が低い」ことが挙げられます。

平均的なWeb業界の年収は350〜450万円と言われており、日本の平均年収である430円より少し下回っているんです。

 

しかし、上記の年収は「未経験でスキルのない場合」の平均年収で、スキル次第ではもっと年収は高くなります。

高度な知識とスキルが身についていれば、年収1,000万円以上の収入も得られるんですね。

 

そのため、未経験でスキルのないうちは、平均年収が少ないと思うかもしれません。

でも、何年か経験を積みながら高度なスキルや技術を身につけていけば、どんどん年収は高くなっていくでしょう!

 

理由2:残業や休日出勤が多い

 

Web業界は辞めとけと言われる理由の二つ目として「残業・休日出勤が多い」ことが挙げられます。

なぜなら、Web業界は需要が高まっている業界で、仕事量が多いからです。

 

仕事量が多い分、必然と残業や休日出勤も多くなるんですね。

実際に、月に40時間を超える残業をさせられる企業も少なくありません。

 

しかし、それでもWeb業界の残業時間は他の業界と比べると少ないほうなんです。

例えば、映像業界やコンサルティング業界は、さらに残業時間が多いと言われています。

 

それに比べると、Web業界の残業時間は少なく、さらに優良企業へ転職できれば残業や休日出勤することも少ないでしょう!

 

理由3:クライアントからの要望に振り回される

 

Web業界は辞めとけと言われる理由の三つ目は「クライアントからの要望に振り回される」ことです。

なぜなら、Web業界はクライアントから依頼を受けて、利益を出している企業が多いから。

 

中には、「クライアントの要望が最優先」という風潮が強い会社が多いんですね。

特にWebサイトの制作会社には、こういった傾向が多くみられます。

 

さらにクライアントによっては、容赦無く要望や修正を指示してくることも多いんです。

その影響で、残業を余儀なくされるケースも必然と多くなっているんですね。

 

例え優良企業だとしても、クライアントからの要望に振り回されるのを避けるのは難しいと言えます

 

web業界に向いていない人の特徴は?これから転職する人必見!

web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由を徹底調査

 

前項では、「Web業界は辞めとけと言われる理由」について解説しました。

その理由を踏まえたとしても、Web業界に就職・転職したいと思う人は多いはず。

 

しかし、Web業界には人によって向き不向きがあります。

せっかく就職・転職したのに、自分に向いていなくてすぐに辞めてしまったら勿体無いですよね。

 

そこでここでは、これからWeb業界に就職・転職を考えている人向けに『Web業界に向いてない人の特徴』を紹介していきます!

 

特徴1:こだわりが強すぎる人

 

Web業界に向いていない人の特徴の一つ目は、「こだわりが強すぎる」ことです。

まず、Web業界で大切なのは、クライアントからの依頼に柔軟に対応すること。

 

ですが、こだわりが強すぎる人は、自分の考えを押し付ける傾向があります。

その結果、クライアントの意向からずれた提案をしてしまいがちなんです。

 

これらの理由から、こだわりが強すぎる人はWeb業界に向いてないと言えます。

 

特徴2:納期に追われるのがイヤな人

 

Web業界に向いていない人の特徴の二つ目は、「納期に追われるのが苦手」なことです。

基本的にWeb業界は、決められた時間の中で成果を出す必要があります。

 

つまり、好きなだけ時間を使っていいわけではないんですね。

そのため、Web業界で働くのは苦痛な可能性があるんです。

 

これらの理由から、納期に追われるのが嫌な人はWeb業界に向いてないと言えます。

 

特徴3:クライアントの要望を汲めない人

 

Web業界に向いていない人の特徴の三つ目は、「クライアントの要望を汲めない」ことです。

多くのWeb業界では、クライアントの指示に従って仕事を進めていきます。

 

そのため、依頼された要望を汲めずに、自分の意見を押し通そうとしていてはクライアントのニーズに応えられません。

Web業界では、クライアントの意図や要望を柔軟に受け入れる素直さが重要なんです。

 

そのため、クライアントの要望を汲めない人はWeb業界に向いてないと言えます。

 

web業界でホワイトなのはどんな企業?見極めるポイント3つを紹介!

web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由を徹底調査

 

Web業界の中には、残業や休日出勤を強いられるブラックな企業も少なくありません。

ブラック企業に当たってしまっては時間と労力を無駄にしてしまいます。

 

せっかくWeb業界に就職・転職するなら、ホワイトな企業で働きたいですよね。

そこでここでは、「Web業界のホワイト企業を見極める3つのポイント」を紹介していきます!

 

ポイント1:安定して収益を上げている

 

ホワイト企業かどうかを見極めるポイントの一つ目は、「安定して収益をあげている」ことです。

なぜなら、安定して収益をあげている会社ほど余裕があり、福利厚生や給料などが充実しているから。

 

逆に業績が不安定な会社では、多大な残業を強いられたり、休日出勤をさせられたりしがちなんですね。

そのため、Web業界を選ぶ際は「安定して収益をあげているか」を確認しましょう。

 

会社の業績について確認するには、就職四季報を確認するのがおすすめです。

就職四季報では、会社データの欄に売上高や営業利益などが記載されているので、チェックしてみてください!

 

ポイント2:自社でサービスを運営している

 

ホワイト企業かどうかを見極めるポイントの二つ目は、「自社でサービスを運営している」ことです。

なぜなら、自社のサービスでうまく利益を出していれば、制作業務が楽になるから。

 

その場合、ハードなスケジュールで業務をこなす必要がなく、残業や休日出勤をさせられることが少ないんですね。

そのため、自社でサービスを運営しているかどうかは、Web業界を選ぶ上で重要な要素なんです。

 

ポイント3:二次請けや三次請けではなく、直請け

 

ホワイト企業かどうかを見極めるポイントの二つ目は、「二次請けや三次請けではなく、直請け」であることです。

なぜなら、下請けの仕事がメインの場合、業務をセルフコントロールしにくくなり、残業や休日出勤が多くなる傾向があるから。

 

また、下請けの仕事だけだと、どうしても業績が安定しづらいため、基本給も少ない場合が多いんですね。

そのため、二次請けや三次請けではなく、直請けの仕事を選ぶことをお勧めします。

 

まとめ

web業界はやめとけ!転職後の末路がヤバイと言われる理由を徹底調査

 

この記事では、『Web業界は辞めとけと言われるのはなぜか』『Web業界に向いていない人の特徴』などについて紹介してきました。

Web業界は辞めとけと言われる理由は以下の3つです。

 

  • 給料が低い
  • 残業や休日出勤が多い
  • クライアントからの要望に振り回される

 

これらの理由によって、「Web業界への転職後の末路がやばい」と言われるようになったんですね。

しかし、全てのWeb業界が上記の特徴に当てはまる訳ではなく、ホワイト企業であれば問題なく働けるところも多いんですね。

 

ホワイト企業を見極めるポイントは以下の通りです。

 

  • 安定して収益をあげている
  • 自社サービスを運営している
  • 二次請けや三次請けではなく、直請け

 

これら3つの特徴に当てはまれば、ホワイト企業の可能性が高いのでぜひ参考にして選んでみてください!