測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

「測量士はやめとけと言われるのはなぜだろう?5ちゃんねるや彼氏・旦那さんが測量士の人の口コミについても知りたい!」

 

測量士はあらゆる建設工事に必要となる測量を行う国家資格です。

資格取得を検討しているものの、「測量士はやめとけ」との意見もあるため判断に迷うこともあるでしょう。

 

  • 測量士はなぜやめとけと言われるのか?
  • 測量士の仕事に関する口コミはどんな内容か?
  • 測量士に将来位はあるのか?

などについて知り、疑問を解決したうえで納得のいく判断をしたいところ。

 

そこで今回は『なぜ測量士はやめとけと言われるのか』についてお話していきます。

また、リアルな実例として彼氏や旦那さんが測量士の人の口コミもご紹介していきますので、参考にしてみてください!

 

測量士はやめとけ!5ちゃんねるではブラックとの声あり

測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

「測量士はやめとけ」と言われる理由の1つに職場環境の悪さがあります。

5チャンネルではブラックとの声もあるので、具体的にどんな事例があるのか調べてみると以下のような書き込みがありました。

 

実家が測量会社を経営してるとかなら話は別だけど、とてもじゃないがお勧め出来る仕事じゃないぞ。

悶絶ブラックばかりの業界だから、その年だったら勿体無いぞ。

測量屋って基本的に給与滅茶苦茶安いし、職場に労働組合も無い所が殆どだろうから春闘とは無縁だしベアとかほぼ無いぞ・・・

俺も今ではこの業界を辞めて製造業の期間工をやってたが、倍近く稼げた上に年間休日数122+有給まで付いて、今まで何やってたんだって自問自答したもん。

測量する位なら期間工になった方が全然マシなレベル(特に給与と休日)

 

引用:5ちゃんねる

 

零細測量会社に勤めてるけど

現場によって早出ありの9時から17時で年休105日、二年目で年収300万ぐらいだわ

俺みたいなブラック人材以外はオススメ出来ないな

 

引用:5チャンネル

 

夏暑く冬寒い

大雨で災害とか出たら過労死寸前

30代で手取り15~17マソの薄給

役所とかの能無しどもにはペコペコ

公共事業費削減で仕事量激減

そのため中堅以下のコンサルどんどん倒産してる

残業代カット+ボーナス無し当たり前

 

10年頑張った俺に拍手

今月転職します

 

ほんと測量だけはやめとけ

あと、土地家屋調査士も一緒な

 

引用:5チャンネル

 

これらの書き込みから測量士はブラックな職場環境にあり、何かしらの不満を抱えている人が多くいると推察できます。

ちなみに、どのような点がブラックかを以下にまとめてみました。

 

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 夏は暑く冬は寒いのでキツい
  • 仕事量が減り倒産が相次いでいる

 

上記から測量士は休みが少ないわりに給料が少なく、需要が減っている先行きの見通しが悪い業界と言えるでしょう。

このことから、「測量士はやめとけ」・「ブラック」と言われるのは納得です!

 

測量士の仕事ってどう?彼氏・旦那が測量士の口コミを紹介

測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

測量士の職場環境や待遇がブラックと言われる背景を知り、実際の仕事はどうなのかが気になる人もいるでしょう。

測量士の仕事のリアルを知るには、口コミが最も参考になるはず。

 

というわけでここでは、彼氏や旦那さんが測量士として働いている人の口コミをご紹介していきます。

第三者の目線は客観的なので参考になる部分が多いでしょう!

 

口コミ1:彼氏が測量士で忙しいらしい

 

口コミの1つ目は『彼氏が測量士で忙しい』です。

測量士は休みが少なく忙しい仕事であることは先述の通りですが、以下の口コミのようにそれ以外の理由もあるのでしょう。

 

友達の彼氏が測量士なんですが測量士の仕事は忙しいんですか?

 

かなりの雨が降った影響で

忙しくなるとは伝えられたみたいですが。

 

引用:Yahoo!知恵袋

 

測量士の忙しさは天候が影響することもあるんですね。

なぜなら、大雨が降り土砂災害が起こると復旧工事が必要になるため、その過程として測量が必須だからです。

 

そうすると、おのずと測量士への仕事の依頼が増えるので忙しくなります。

復旧工事は早急な対応が必要とされる場合も多く、そうなれば1日も早い完了を目指して通常より忙しくなることもあるでしょう。

 

測量士が忙しいのは休みが少ないだけでなく、急を要する復旧工事などに駆り出されることも関係しています!

 

口コミ2:結婚間近の彼氏が測量士で肉体労働ばっかり?

 

『彼氏が測量士で肉体労働ばかり』こんな口コミもあります。

肉体労働は一時的なのか、どんな内容なのか、以下の口コミが参考になるでしょう。

 

測量の仕事についてお聞きしたいです

私の彼氏なのですが、転職で測量設計事務所に決まりました 全くの未経験者で専門の学校とかも出ていません でも、技術的な仕事につきたいと選びました

これから働き出すのですが、最初は日給制で3ヶ月ぐらいはそんな感じです 最初は肉体労働的な感じはわかるのですが、働きながら勉強して資格を取ったりする事は可能なのでしょうか?

それとも、ずっと肉体労働的な事しかやらせてもらえないのでしょうか?

3ヶ月後に結婚の予定でして、気になるところなのです

解る方がいましたら、回答宜しくお願い致します

 

引用:教えて!goo

 

測量士というと国家資格のため、肉体労働よりもデスクワーク中心の印象を持つかもしれませんが、現場主体の仕事です。

なぜなら、測量士は工事現場の距離などを『測る』ことが仕事なので、現場作業から離れられないから。

 

そのため、体を使って仕事せざるを得ません。

管理職や、測量士より上の技術士になればデスクワークの部分も増えますが、測量士でいるうちは肉体労働が中心です!

 

口コミ3:旦那が測量士で給料が上がらないときくけど実際どう?

 

口コミの3つめは『旦那さんが測量士で給料があがらない』です。

測量士は給料が上がらないのか、実際はどうなのか、以下の口コミが参考になるのでご紹介します。

 

測量の仕事について質問お願い致します

最近結婚したのですが、旦那さん32歳が測量会社で働いてます 線路、高速道路、飛行場などの測量会社です

 

全くの未経験から入社してまだ4ヶ月です

正社員にはなれたのですが、厚生年金はなく、今は日給9000円で、たまに残業代が少しついたり、夜勤だと少しあがります ボーナスはあるのか不明です…

朝は早く、帰れない日もあります

今の時期は仕事が減るみたいで、先月はお給料が20万をきりました…

私は34歳で美容師をしてて、共働きなら充分生活していけるのですが、これから先子供ができたりした時が不安です

しかし旦那さんは今まで特に資格やキャリアがなく、転職するにも大変だと思います でも仕事はマジメにこなし、無遅刻でしっかりやるんです

だから私は5年は続けた方がいいと思うんです

1つの技術的な事を5年続けると、今とは状況も違ってくると思うし、身になると思うんです

でも、調べると測量の仕事はあんまりお給料があがらないという話をききます

 

測量のお仕事をされてる方、その他のお仕事の方でも、何かアドバイス頂ければ嬉しいです!

宜しくお願いします!

 

長々ありがとうございました

 

引用:Yahoo!知恵袋

 

測量士の年収は人によって幅があり、実務経験・経験年数・勤続年数によって左右されます。

地域差はあるものの、年数と年収の目安は以下の通りです。

 

  • 1~4年:200万~300万円
  • 5~10年(チームリーダー、主任):500万円
  • 10年以上(役職あり):700万~800万円

 

測量士は働き始めは給料が少ないものの、同じ会社で働き続け能力が認められれば給料は上がっていく業界と言えます。

しかし、肉体労働でキツイ仕事なのですぐにやめてしまう人が多く、測量士は給料が安いとされる面もあるのでしょう!

 

測量士に将来性はある?登録者数や受注状況をチェック!

測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

せっかく測量士の資格を取るなら、長く使えるのか、将来性はあるのかが気になるところでしょう。

というわけでここでは『測量士の将来性』についてお話していきます。

 

測量士の登録者数や受注状況についても触れていくので、ぜひ参考にしてみてください!

 

測量士の登録者数は2003年以降から下降ぎみ

 

測量士の登録者数は2003年以降から下降し続けていて、ピーク時の8割程度まで減ってきています。

登録者数の減少理由は以下の通りです。

 

  • 財政悪化による公共工事量が減ったため、需要も減少
  • 職人の高齢化により辞める人のほうが増加している

 

測量士の需要も減り、同時に年齢を理由に辞めていく人が増えていることで下降し続けているのでしょう。

測量士は専門性が高く貴重な人材ですが、需要が減少していることから現在はきびしい時期にあると言えます!

 

財政悪化で公共工事量が減っている

 

先述したように、財政悪化により公共の工事量が減っているのは事実です。

それでも、測量士は常に一定の需要があるので、今のところ将来性はあると言えるでしょう。

 

測量業務を行う企業は1人以上の測量士を配置する義務があるので、求人も積極的に行われているんですね。

また、財政悪化で公共工事量は減っているものの、建設工事などが行われるたびに測量士は必要とされます。

 

都市部では開発工事が断続的に行われているので、公共工事が減ってもすぐに測量士の需要が急激に減るとは考えにくいです。

さらに、災害被害を受けた復旧工事にも測量士の存在が欠かせません。

 

このように、測量士は多くの分野で必要とされるので、将来性については過度に心配する必要はないと言えるでしょう。

最近ではGoogleマップのようなWeb上の地図作製にも測量は必須なので、新しい分野での需要も出始めています!

 

測量士に向いていない人の特徴は?就職検討している人必見!

測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

測量士ははじめは給料が安いものの、同じ会社に長く勤め、能力を認められれば高い年収を得られる可能性のある仕事です。

能力を認められるには、測量士としての適性があるかが重要でしょう。

 

というわけでここでは『測量士に向いていない人の特徴』についてご紹介していきます。

就職検討している人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

特徴1:数学が苦手な人

 

測量士に向かない人の特徴1つめは『数字が苦手な人』です。

なぜなら、測量士は測量技術に用いられている数学的な理論の理解が不可欠だから。

 

測量機器が発達したので、機器を操作すれば手計算は必要なくなったものの、理論が理解できないとトラブルに対処できません。

高度な知識は必要ありませんが、ベクトルや三角関数といった高校レベルの数学の理解が必要です。

 

そのため、数字に苦手意識があり、数学が苦手な人は測量士に向かないと言わざるを得ません!

 

特徴2:ルーティンワークが苦手な人

 

『ルーティンワークが苦手な人』も測量士に向かない人の特徴と言えるでしょう。

なぜなら勤務先にもよりますが、測量士は基本的に毎回あらかじめ決まった作業を、決められた手順で繰り返すからです。

 

そのため、人によっては淡々とした仕事に感じられ退屈に思うかもしれません。

ルーティンワークが苦手な人は、退屈なだけでなくだんだん嫌気をさす可能性もあるので、測量士には向かないと言えます!

 

特徴3:いろんな仕事に手を出したい人

 

測量士に向かない人の特徴3つめは『いろんな仕事に手を出したい人』です。

なぜなら、先述した通り測量士はルーティンワークの色合いが濃い仕事なので、決まった仕事を淡々とこなすから。

 

いろんな仕事をオールマイティにこなすより、決まった仕事を突き詰め、クオリティを上げていくことが求められるでしょう。

そのため、興味の対象が広くいろんな仕事をしてみたい人は、やりがいを感じられずモチベーションが低下するかもしれません。

 

そうすると、力を100%発揮しにくく評価もされづらくなるので、いろんな仕事に手を出したい人は測量士に不向きです!

 

まとめ

測量士はやめとけ!2ちゃんねるや彼氏・旦那が測量士の口コミを徹底調査

 

今回は『なぜ測量士はやめとけと言われるのか』についてお話ししました。

測量士はやめとけと言われる最大の理由は、職場環境がブラックだからでしょう。

 

ブラックと言われるのは以下のことからです。

 

  • はじめのうちは給料が安い
  • 仕事内容が現場主体で肉体労働
  • 休みが少ない

 

これらは、身近な人が測量士として働く人の口コミからも明らかと言えます。

また、測量士は登録者数が下降気味で財政悪化により公共工事が減っているため、将来性について疑問視されているのも事実です。

 

しかし、公共工事が減っても建設工事がある限り測量士は必要とされる存在なので、今すぐ需要がなくなることはないでしょう。

はじめのうちは給料が安いので、辞めてしまう人も多くいますが、長年頑張り続ければ年収を上げることも可能です。

 

測量士の資格を取りたい場合は、向いていない人の特徴と併せてよく検討すると良いでしょう!