半導体業界はやめとけと言われる理由とは?エンジニアを辞めたい時の対処法

 

「半導体業界はやめとけと言われる理由ってなに?半導体エンジニアを辞めたいときの対処法を知りたい!」

 

半導体業界に興味があって転職や就職を考えている人は少なくありません。

ですが、「半導体業界はやめとけ」という意見が多くあるため、悩んでしまう人もいるでしょう。

 

  • 半導体業界はやめとけと言われる理由は?
  • 半導体エンジニアを辞めたいときの対処法は?
  • 半導体業界に向いている人、向いていない人の特徴は?

など、半導体業界についていろいろ知っておきたいはず。

 

そこでこの記事では、『半導体業界はやめとけと言われる理由』や『半導体エンジニアを辞めたいときの対処法』についてお伝えしていきます。

また、『半導体業界に向いている人・向いていない人』も紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

 

半導体業界はやめとけ!という意見、半導体エンジニアを辞めたい理由を紹介

半導体業界はやめとけと言われる理由とは?エンジニアを辞めたい時の対処法

 

半導体業界に興味のある人は、「半導体業界はやめとけ!」という意見を聞いたことがあるのではないでしょうか。

いったい、「なぜそのような意見が生まれるのか」について詳しくご説明していきます。

 

実際に「半導体エンジニアが辞めたいと思った理由」についても紹介するので、さっそくみていきましょう!

 

半導体製造は単純作業ばかりで、仕事のやりがいが見つけにくい?

 

「半導体業界はやめとけ!」と言われる理由として「単純作業ばかりで仕事のやりがいが見つけにくい」ことが挙げられます。

半導体製造の仕事は、基本的に「機械の管理」や「製品の検査」などがメインで、肉体労働はほとんどありません。

 

そのため、「女性の人」や「特別なスキルがない人」でも、安心して働けるでしょう。

しかし、その分単純な作業が多く、仕事にやりがいを感じられないことから「半導体業界はやめとけ!」という意見が多いようです!

 

半導体業界は激務!残業、労働時間も多くて生活リズムが崩れやすい?

 

半導体エンジニアを辞めたい理由の一つとして「激務で生活リズムが崩れやすい」ことが挙げられます。

半導体エンジニアは、業務量が非常に多いです。

 

労働時間が長く残業も多いため、肉体的にも精神的にも疲弊している人が多いんです。

また、不規則な労働時間により生活リズムが崩れやすいのも特徴の一つ。

 

高年齢の半導体エンジニアの中には、「この先もずっとこんな激務はできない」と体力面の心配から転職をする人も少なくありません!

 

将来が心配?撤退・買収される企業も多く、昇給も望みにくくて不安!

 

半導体エンジニアを辞めたい理由として、「将来が心配」といった声も多いです。

その理由としては、半導体業界の国内企業の景気が悪くなっていることが挙げられます。

 

近年、「半導体ビジネスから撤退する企業」や「外資に買収される企業」が急激に増えているんです。

結果、早期退職を促されたり勤務中の会社の経営が悪くなったりして、将来に不安を抱える半導体エンジニアが増えているんです!

 

半導体業界はオワコンだからやめとけ?半導体市場の今後を徹底解説!

半導体業界はやめとけと言われる理由とは?エンジニアを辞めたい時の対処法

 

「オワコンだからやめとけ」という意見が多い半導体業界。

そんな半導体業界の市場は、今後どうなってしまうのでしょうか。

 

ここでは、半導体市場の今後を詳しくご説明していきます!

 

日本の半導体業界は縮小傾向!企業の合併・買収は日常茶飯事なの?

 

まずお伝えしておきたいのが、日本の半導体業界の市場は縮小傾向にあるということ。

具体的には、市場が変化したり、グローバル化の対応ができなかったりが原因で、市場が縮小してしまったんです。

 

ちょっと前までは理系の大学や大学院卒業生に大人気の就職先で、日本企業の半導体技術の高さも世界でトップクラスだったんですね。

しかし、現代では縮小してしまい、半導体企業の合併や買収は日常茶飯事で起こっている状態なんです。

 

これらのことから、半導体業界の縮小は今後も続いていくと思われます!

 

半導体エンジニアの待遇にも悪影響?中途採用も倍率が高い!

 

半導体業界の縮小に伴い、半導体エンジニアの待遇にも悪い影響が出ています。

具体的には、撤退する企業が急増したことにより、半導体エンジニアが早期退職を余儀なくされているんです。 

 

実際に、半導体業界の転職市場には「早期退職した半導体エンジニア」がたくさんいる状態が続いています。

また、多くの企業は新卒採用をメインで行っているため、中途採用の倍率が非常に高くなっています。

 

そのため、働きたくても働けない状況に追い込まれている半導体エンジニアが非常に多いんですよ!

 

半導体業界に向いてる人とは?向いてない、辞めたい人はどうすべき?

半導体業界はやめとけと言われる理由とは?エンジニアを辞めたい時の対処法

 

半導体業界は縮小傾向にありますが、中には就職や転職を考えている人もいるはず。

ここではそんな人の参考になるように、「半導体業界に向いている人・向いていない人」を紹介していきます。

 

また、「向いていない人や辞めたい人はどうすべきか」も一緒にお伝えするので、それぞれチェックしていきましょう!

 

コミュニケーションが苦手、体力と集中力に自信がある人は向いてる!

 

半導体業界に向いている人の特徴として、「体力と集中力に自信がある」が挙げられます。

半導体工場では、一連の作業を何度も繰り返し行います。

 

そのため、常に同じことを続けられる体力が重要がとても重要なんです。

また、一つ一つの作業がとても繊細でちょっとしたミスも許されないので、高い集中力も必要となります。

 

さらに、体力や集中力さえあれば「コミュニケーションが苦手という人」でも問題ありません。

半導体業界の仕事は、基本的に手作業が中心です。

 

上司や他の社員との多少のコミュニケーションはありますが、顧客や取引先と接することはほとんどないんです。

そのため、体力や集中力に自信がある人なら、コミュニケーションが苦手でも問題なく仕事ができるでしょう!

 

半導体業界を辞めたいなら転職!キャリアを活かした転職も可能?

 

半導体業界を辞めたいなら思い切って転職してみるといいでしょう。

ここでは、半導体業界を辞めた後のおすすめの転職先をご紹介していきます!

 

■半導体を扱う別の業種に転職する

 

半導体エンジニアの転職先として、「半導体を扱う別の業種」がおすすめです。

なぜなら、半導体を扱う職種であれば、キャリアを活かした転職ができるから。

 

家電メーカーや医療機器メーカーなど、半導体が技術に使われている業界は多くあります。

半導体が必要とされる業界であれば、キャリアを活かして働けますよ!

 

■海外の半導体メーカーに転職する

 

「海外の半導体メーカーに転職する」のも半導体業界を辞めた後の選択肢の一つです。

なぜなら、海外のほうが日本よりも高待遇を手に入れられる可能性が高いから。

 

日本の半導体エンジニアは、海外では高く評価される傾向があります。

そのため、日本で勤めていたときよりも、「高い年収」や「働きやすい仕事環境」など、充実した待遇を受けやすいんです!

 

半導体業界に向いてない人は?ブログなら未経験でも稼げる!

 

半導体業界に向いてない人の特徴として、「細かい作業が苦手」「単純作業が嫌い」などが挙げられます。

半導体業界の仕事は、基本的に未経験の人でもできるのが特徴。しかし、細かくて単純な作業がほとんどです。

 

そのため、「細かい作業が苦手」「単純作業が嫌い」な人にとっては、やりがいのない仕事となってしまうでしょう。

ここまで読んでもらった人の中に、半導体業界に興味があったけど「向いてない人の特徴」に当てはまった人もいるかと思います。

 

そんな人におすすめしたいのがブログです。

ブログであれば、未経験で特別なスキルがなくても始められます。

 

初期費用もほとんどかからないので、今すぐにでも始められるんです。

ブログで収益を得る方法として、代表的なのはアフィリエイト。

 

アフィリエイトは、以下のような仕組みのビジネスモデルです。

 

  1. 自分が運営しているブログに広告を掲載する
  2. ユーザーがその広告を見て商品やサービスを購入する
  3. 報酬が手に入る

 

ブログで自分の書いた記事がGoogleやYahooなどの検索結果で上位表示されれば、勝手にアクセスが増えます。

その記事内で、企業の商品やサービスを販売する仕組みを整えれば、自分が何もしなくても自動で収入が入ってきますよ。

 

何もせずに月収100万円稼ぐのも夢ではありません!

 

まとめ

半導体業界はやめとけと言われる理由とは?エンジニアを辞めたい時の対処法

 

この記事では、『半導体業界はやめとけと言われる理由』や『半導体エンジニアを辞めたいときの対処法』について紹介しました。

半導体業界は縮小傾向にありますが、「特別なスキルがなくてもできる」「辞めた後にキャリアを活かした転職ができる」といったメリットもあります。

 

今回紹介した「半導体業界に向いている人」の特徴に当てはまっている場合は、挑戦してみるのもいいでしょう。

もし、「半導体業界に向いていない人」の特徴に当てはまっている場合は、ブログビジネスをおすすめします。

 

特別なスキルのない未経験の人でもできますし、低コストですぐに始められますよ!