コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を紹介

 

「コールセンターは辞めとけと言われる理由は?辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を知りたい!」

 

コールセンターは求人が非常に多く採用されやすい人気の職業です。

しかし、中には「コールセンターで働くのは辞めとけ」という声もあり、辞める人が多いのも事実なんですね。

 

  • コールセンターは辞めとけと言われる理由とは?
  • コールセンターを辞める人が多い理由とは?
  • コールセンターが不向きな人の特徴とは?

など、コールセンターの仕事について色々知っておきたいですよね。

 

そこでこの記事では、『コールセンターは辞めとけと言われる理由』について詳しく紹介していきます。

また『コールセンターを辞める人が多い理由』や『不向きな人の特徴』も詳しくご説明していくので、ぜひ参考にしてください!

 

コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由3つを紹介

コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を紹介

 

コールセンターは「辞めとけ」という声が多いですが、「なんで辞めたほうがいいの?」と疑問を抱く人もいるでしょう。

しかし、実際にコールセンターの仕事はすぐ辞める人が多いのも事実なんです。

 

そこでここでは、「コールセンターの仕事はなぜ辞める人が多いのか?」について詳しく紹介していきます!

 

理由1:ノルマが厳しい

 

コールセンターを辞める人が多い理由として、「ノルマが厳しい」ことが挙げられます。

会社にもよりますが、ノルマが厳しい場合もあるため、プレッシャーに耐えきれなくて辞めてしまう人も多いんです。

 

特に、アウトバウンドコールという企業から顧客に営業をかける業務では、厳しいノルマが課せられることがあるんですね。

また、中にはノルマを達成できないとペナルティを課せられる場合もあります。

 

例えば「売れなかったら自腹で商品を購入」「売れるまで無給で残業」など……。

このようなブラック企業も少なくないため、コールセンターは辞めとけと言われてしまうんですね!

 

理由2:クレーム対応がキツイ

 

コールセンターを辞める人が多い理由の二つ目は「クレーム対応がキツイ」ことです。

例えば、お客様相談室のようなところで勤務する場合、商品やサービスなどに対してのクレームが多くなります。

 

実際に、1日の中で半数以上がクレームということもあるようです。

また、アウトバウンドコールにおいては、相手の都合を考慮せずに営業電話をかけることになります。

 

その場合、会話の途中で電話を切られたり、キツイ言葉で拒否されるということも多くなるんですね。

このような状況により、精神的に辛い状況が続いてしまう人も多いんです。

 

理由3:仕事環境が閉鎖的でストレスが溜まる

 

コールセンターを辞める人が多い理由の三つ目は「仕事環境が閉鎖的でストレスが溜まる」ことです。

コールセンターは基本的に室内で行います。

 

つまり、室内の閉鎖された空間でひたすら電話対応を行うんです。

そのため、リアルで人とコミュニケーションをとることも少ないので、ストレスが貯まりやすいんですね。

 

こういった理由により、コールセンターは辞めとけと言われているんです!

 

コールセンターは底辺職!もう限界な人の体験談を紹介

コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を紹介

 

前項では、コールセンターを辞める人が多い理由を紹介しました。

では、実際にコールセンターで働いた人はどのような体験をしているのでしょうか。

 

ここでは、『コールセンターで働いてもう限界な人の体験談』を3つ紹介していきます!

 

体験談1:半年頑張ったけど、もう限界・・・

 

 

こちらは、半年間コールセンターで頑張ったけど限界を感じて辞めた人の体験談です。

コールセンターは仕事量が非常に多く、サービス残業が日常的になっている会社も珍しくないんですね。

 

それだけではなく、仕事量の多さに加えて給料が安い場合が多いんです。

この体験談の人の場合は、給料備え置きで12万円という驚くほどの低賃金の会社で働いていたようです。

 

給料12万円で労働環境が過酷であれば、すぐにでも辞めたくなってしまいますよね!

 

体験談2:ストレスが溜まりすぎて問い合わせでイライラ

 

 

こちらの体験談は、「ストレスが溜まりすぎてイライラする」というものです。

コールセンターは基本的に閉鎖的な環境で3蜜が揃った状態で働く場合がほとんどです。

 

さらに、閉鎖的環境によるストレスに加えて、顧客からのクレームによりさらに精神的に追い詰められてしまう人が多いんですね。

実際に、コールセンターの職場の人たちが常にイライラしているのは目に見えて伝わってくるようです!

 

体験談3:メール対応の予定だったのに電話対応させられた

 

 

こちらの体験談は、「希望していないのに電話対応させられた」というものです。

例えば、元々メール対応を行う予定だったのに、急に電話対応をさせられることがあるんですね。

 

また、苦手でコールセンターの業務は拒否していたのにさせられてしまうこともあるようです。

自分が希望をしていないのに、苦手なコールセンターの仕事を任されたら嫌ですよね。  

 

それに加えて、業務に関する指導や説明がないまま仕事をさせられて、精神的に参ってしまう方も多いんですね!

 

コールセンターに不向きな人の特徴とは?就職検討している人必見!

コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を紹介

 

コールセンターで働くのは辞めたほうがいいと言われていますが、全ての人がそうではありません。

なぜなら、人によって向き不向きがあるからです。

 

そこでここでは、コールセンターに不向きな人の特徴を3つ紹介していきます。

コールセンターに就職を検討している方はぜひ参考にしてください!

 

特徴1:人と話すのが苦手

 

コールセンターに不向きな人の特徴の一つ目は「人と話すのが苦手」なことです。

コールセンターでは、こちら側から発信するにしても受信するにしても、相手とのコミュニケーションが必須となります。

 

そのため、人と話すのが苦手な場合、うまく会話ができないため向いていないといえるでしょう。

逆におしゃべり好きな人であれば、コールセンターは向いているともいえます。

 

なので、コールセンターで働くのであれば「人と話すのが好き」「会話が得意」という人がおすすめです。

 

特徴2:失敗を引きずりやすい

 

コールセンターに不向きな人の特徴の二つ目は「失敗を引きずりやすい」ことです。

なぜなら、コールセンターはクレームが非常に多く、いちいち失敗を引きずっていては精神が持たないからです。

 

特に、怒られたときに「とにかくすぐに謝罪をしてしまう」「怒られている自分が悪いと思ってしまう」と言う方は要注意。

もちろん、自分のミスが原因で怒られたときは反省も必要です。

 

しかし、コールセンターのクレームには理不尽なものが多いので、すべてに落ち込んでいたら心が持ちません。

そのため、失敗を引きずりやすい人はコールセンターに勤めるのは辞めたほうがいいといえるでしょう。

 

逆に、「気持ちの切り替えがスムーズにできる人」はコールセンターが向いているといえます。

このような人は、理不尽なクレームを受けても、電話を切りさえすれば「仕事」と割り切って気持ちを抑えられるでしょう!

 

特徴3:相手に合わせて話ができない

 

コールセンターに不向きな人の特徴の三つ目は「相手に合わせて話ができない」ことです。

なぜなら、コールセンターの仕事は相手が知りたいことを汲み取って、わかりやすく伝える必要があるからです。

 

また、電話の相手は必ずしもコミュニケーションが上手いわけではありません。

そのため、電話の内容が理解できないからといって「結局何が言いたいの?」と思ってしまう人はあまり向いてないといえます。

 

なので「相手に合わせて話ができない人は」コールセンターはあまりおすすめしません。

逆に人の話を聞くのが得意な傾聴力のある人であればコールセンターは向いていると言えます。

 

理由としては、コールセンターに電話してくる人は、ほとんどの人が質問や相談があって連絡してきているからです。

そのため、話の意図を理解してしっかり話を聴き続けられれば、相手の真意を捉えられます。

 

結果的にクレームのように聞こえる内容でも、相手の主張を理解して対処しやすくなるでしょう!

 

まとめ

コールセンターはやめとけ!辞める人が多い理由や不向きな人の特徴を紹介

 

この記事では、『コールセンターは辞めとけと言われる理由』『コールセンターを辞める人が多い理由』などについて紹介していきました。

コールセンターを辞める人が多い理由は以下の3つです。

 

  • ノルマが厳しい
  • クレーム対応がキツい
  • 仕事環境が閉鎖的でストレスが溜まる

 

他にも低賃金だったり過酷な労働をさせられたりと、さまざまな理由があるんですね。

特に以下の特徴に当てはまっている人はおすすめしません。

 

  • 人と話すのが苦手
  • 失敗を引きずりやすい
  • 相手に合わせて話ができない

 

これらの特徴がある場合、コールセンターの仕事は向いてないといえるでしょう!