タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由を徹底調査

 

「タクシー運転手はやめとけと言われるのはなぜだろう?就職しない方がいいと言われる理由についても知りたい!」

 

採用のハードルが低く、すぐにできる仕事として候補にあがりやすいタクシー運転手。

その一方で、「タクシー運転手はやめとけ」・「就職しないほうがいい」と言われることもあり判断に迷うこともあるでしょう。

 

  • タクシー運転手はやめとけと言われる理由はなにか?
  • タクシー運転手として就職しないほうがいいと言われる理由はなにか?
  • タクシー運転手はやめたほうがいい人の特徴はどんなものがあるか?

などについて知ることで、納得のいく選択をしたところ。

 

というわけで今回は、『タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由』についてお話していきます。

さっそく見ていきましょう!

 

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由とは?

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由を徹底調査

 

「タクシー運転手はやめとけ!就職しないほうがいい」と言われても理由がわからなければ納得できないでしょう。

というわけで、ここでは『タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由』についてご紹介していきます!

 

理由1:収入が不安定

 

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由の1つめは、『収入が不安定』です。

なぜなら、タクシー運転手の給料は基本的に歩合制なので変動があり、毎月決まった収入を得るのはむずかしいから。

 

さらに、タクシーの需要は景気や社会情勢の影響を受けやすいので、不景気のときは真っ先にあおりを食う業種でもあります。

自分の力ではどうにもできない部分があり、収入が不安定になりがちなのでタクシー運転手はやめとけと言われるのでしょう!

 

理由2:他の職種で使えるスキルが育たない

 

『他の職種で使えるスキルが育たない』こともタクシー運転手はやめとけ!就職しないほうがいいと言われる理由でしょう。

なぜなら、タクシー運転手の仕事は運転に終始するので、身に着けたスキルや経験を他の職種に活かしづらいからです。

 

運転するのが仕事なので、新しいことにチャレンジしたり、プロジェクトを任せられることもありません。

そうなると、いざ転職したいと思った時に武器になるものが何もないので、スキルや経験のある人に比べ不利になるでしょう。

 

他の職種で使えるスキルが育たないと、いざ転職したいと思った時に選択の幅を狭めることになるんですね。

そのため、タクシー運転手はやめとけ、就職しないほうがいいと言われています。

 

ただし、接客業や営業職であれば、タクシー運転手としての接客力・営業力をアピールできる場面もあるでしょう!

 

理由3:今後需要が減るため、将来性がない

 

『今後需要が減るため、将来性がない』点もタクシー運転手はやめとけ!就職しないほうがいいと言われる理由です。

なぜなら、将来的に自動運転車の普及により、タクシー運転手の需要は減ると言われているから。

 

実際に、海外ではタクシーの自動運転化が進められていて、日本でも新宿で自動運転タクシーの実証実験が行われました。

さらに、日本に進出している配車アプリ『DiDi』も2030年までに100万台の自動運転タクシーの導入を発表しています。

 

この流れから、将来的にタクシー運転手の需要が減るのは明白です。

需要が減ることが明らかで、将来性もないタクシー運転手はやめとけと言われるのも当然と言えます!

 

タクシー運転手はやめた方がいい人の特徴3つを紹介!

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由を徹底調査

 

タクシー運転手は就職のハードルは低いものの、向き不向きが別れやすい職業です。

ここでは、『タクシー運転手はやめた方がいい人の特徴』についてお話していきます。

 

性格に合わない仕事に就くと、仕事へのやる気を失ったり、すぐに転職したくなったりするのでぜひ参考にしてみてください!

 

特徴1:接客が苦手な人

 

タクシー運転手はやめた方がいい人の特徴1つめは『接客が苦手な人』です。

なぜなら、タクシー運転手は1日に数十組の乗客を乗せ、行先を尋ねるなど接客が必須なので、苦手だと苦痛でしかないから。

 

高度なコミュニケーションスキルは不要ですが、接客が苦手・嫌いだと仕事中ずっと苦痛を味わうことになります。

接客が嫌だからと乗車拒否ばかりしていれば、そもそもお金を稼ぐこともできません。

 

接客が苦手だと、苦痛なだけでなく、稼ぐこと自体もむずかしくなる可能性があるので、やめたほうがいいでしょう。

接客が苦手で、ドライバー職に就きたい場合は、貨物ドライバーのほうがおすすめです!

 

特徴2:方向音痴で地図が読めない人

 

『方向音痴で地図が読めない人』もタクシー運転手はやめた方がいい人の特徴でしょう。

なぜなら、タクシーの目的地は乗客が来るまでわからず、毎回変わる目的地に臨機応変に対応する必要があるからです。

 

ナビを頼ろうにも、方向音痴で地図が読めないとそもそも使いこなすのがむずかしく、仕事に支障が出るでしょう。

タクシー運転手になったばかりで道を知らなくても、方向感覚に優れ、地図が読めれば努力次第で覚えていけます。

 

しかし、方向音痴で地図が読めないのは脳の造りも関係しているので克服がむずかしく、努力で何とかなるものではありません。

方向音痴で地図が読めない人は、タクシー運転手に向かないとも言えます!

 

特徴3:「今」タクシー運転手になる理由がない人

 

タクシー運転手はやめた方がいい人の特徴3つめは『今、タクシー運転手になる理由がない人』です。

なぜなら、タクシー運転手はいつでもなれる職業だから。

 

基本的にタクシー運転手の採用基準は学歴・経験不問のため、一般企業から転職するのが容易なんですね。

逆に、タクシー運転手から一般企業への転職は、経験やスキルを求められるため非常にむずかしくなります。

 

そのため、「今」タクシー運転手になる理由がない人は、他の職種でスキルや経験を磨いたほうがいいでしょう!

 

タクシー運転手になるメリットは?就職検討している人必見!

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由を徹底調査

 

デメリットや向き不向きのあるタクシー運転手ですが、メリットも存在します。

タクシー運転手になろうか検討している人は、デメリットとメリットをてんびんにかけ判断すると良いでしょう。

 

というわけで、『タクシー運転手になるメリット』についてお話ししていきますので、参考にしてみてください!

 

メリット1:まとまった休みが取りやすい

 

タクシー運転手になるメリット1つめは『まとまった休みが取りやすい』です。

なぜなら、タクシー運転手は自分でなければできない仕事がなく、代わりがたくさんいるので融通が利くから。

 

そのため、事前に申告すればまとまった休みが取りやすい環境にあります。

普段の休みも取りたい時に取れる会社が多いので、休日を自分で決められる自由度の高さはメリットと言えるでしょう!

 

メリット2:会社内の人間関係のストレスがない

 

『会社内の人間関係のストレスがない』こともタクシー運転手になるメリットでしょう。

なぜなら、タクシー運転手は業務時間のほとんどを車内で過ごすので、会社内の上司や同僚とのコミュニケーションが少ないから。

 

基本的に仕事のほとんどを1人で行うため、業務上のやり取りも少なく済みます。

会社内の人間関係に煩わしさを感じる人にとっては、ストレスがなくメリットのある職業と言えるでしょう!

 

メリット3:歩合制のため、やる気次第でそこそこ稼げる

 

タクシー運転手になるメリット3つめは『歩合制のため、やる気次第でそこそこ稼げる』です。

なぜなら、タクシー運転手は完全歩合制なので、やる気次第で未経験でもベテランの運転手と同等以上に稼げるから。

 

そのため、若い世代の場合は同年代の一般的なサラリーマンより稼げる可能性もあるんですね。

実際に20〜24歳の平均年収を比較すると以下のようになります。

 

  • タクシー運転手:約355万円
  • 一般企業:約338万円

 

しかし、年齢を重ねるにつれ一般企業は昇進等により年収は上がっていくのでその点は注意すべきでしょう。

とはいえ、職歴・学歴・年齢関係なくやる気次第でそこそこ稼げる点はタクシー運転手になるメリットと言えるでしょう!

 

まとめ

タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる理由を徹底調査

 

今回は、「タクシー運転手はやめとけ!就職しない方がいいと言われる」理由についてお話ししました。

タクシー運転手は収入が不安定で、他の職種で使えるスキルが育たない点が就職しない方がいいとされるのでしょう。

 

さらに、今後需要が減るため将来性がなく、一生食べていける仕事とも言えません。

また、以下の特徴に当てはまる人にはタクシー運転手は向かないので確認しておくといいでしょう。

 

  • 接客が苦手な人
  • 方向音痴で地図が読めない人
  • 「今」タクシー運転手になる理由がない人

 

上記の特徴に当てはまる人はタクシー運転手はおすすめしません。

それでも、タクシー運転手はまとまった休みが取りやすく、やる気次第でそこそこ稼げる点はメリットです。

 

誰にでもおすすめできる仕事ではありませんが、短期集中でお金を稼ぎたい場合は候補の1つとして考えても良いでしょう!