製造業はやめとけ!営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴とは?

 

「製造業はやめとけと言われるけど、なぜだろう?営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴について知りたい!」

 

製品を生産・提供する産業である「製造業」。

一口に「製造業」と言っても職種や仕事内容は多岐にわたり、その中でもとくに「営業」はやめとけと言われています。

 

  • 製造業の営業がつらい理由は?
  • 工場勤務のメリットが知りたい
  • 製造業が向いている人の特徴はあるの?

など、製造業で働くにあたり、知っておきたいことが多いはず。

 

そういうわけで今回は、『製造業の営業がつらい理由』についてお話ししていきます。

製造業で工場勤務をするメリットや、向いている人の特徴もお伝えするので、ぜひ参考にしてください!

 

製造業はやめとけ!営業がつらいと言われる理由とは?

製造業はやめとけ!営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴とは?

 

一般的に「営業」はきついことで知られていて、製造業の営業もつらくてきついと言われています。

なので、これから仕事を探す人は、製造業の営業はやめといたほうがいいでしょう。

 

そういうわけでここからは、製造業の営業がつらいと言われる3つの理由についてお話していきます!

 

理由1:残業が多く、体力的にきつい

 

製造業の営業は残業が多く体力的にきついため、仕事がつらいと感じやすいでしょう。

営業といってもただ顧客訪問をするだけでなく、テレアポしたり提案資料を作ったりと、業務内容が多いんです。

 

製造業の営業はBtoBが多く、企業相手に営業するとなると、平日の昼間(各企業の就業時間内)がほとんどでしょう。

日中のほとんどの時間は外回りに費やし、会社に戻ったあとに事務作業をします。

 

そうなると、残業が当たり前になってくるんです。

また、仕事がさばけない場合は土日も出勤しなければならず、肉体的疲労が取れないことも。

 

疲れが溜まったままでは仕事のパフォーマンスが下がるため、さらに残業が増えることになり、悪循環なんです!

 

理由2:ノルマがプレッシャーになる

 

営業の仕事にはノルマが付きものであるため、プレッシャーになってつらいと感じる人が多いです。

製造業の営業は、主に企業相手に自社商品を売りますが、新規顧客を獲得するために魅力的なプレゼンができなければ、売れません。

 

売上に対してだけでなく、新規顧客の獲得数にもノルマを課している会社もあります。

そのため、長期的な付き合いができる顧客探しをしつつ、商品も売らなければならないというプレッシャーが大きいんです。

 

また、多くの製造業はものづくりを最重要視していて、営業にあまり力を入れていない傾向にあります。

なので、営業組織がきちんと構築されていないままノルマだけ課されるという事態に。

 

勤務年数が少ない人ほどノルマをこなすのがむずかしくなり、プレッシャーに押しつぶされるでしょう!

 

理由3:生活リズムが崩れて不健康になりやすい

 

製造業の営業は、生活リズムが崩れて不健康になりやすいので、つらいと感じやすいでしょう。

お客さんの予定に合わせて休日出勤をしたり、事務作業で毎日の残業が増えたりするため、生活リズムが崩れるんです。

 

きちんと食事や睡眠がとれないと、徐々に不健康になっていきます。

体は疲れているのに働き続けると、いずれ精神的な不調も現れてくるでしょう。

 

病気になる前に対策を打つべきですが、仕事をしているとなかなか規則正しい生活を送れないんですね。

なので、実際に体調を崩してから不健康だったことに気付く人も多いんです。

 

このように、知らず知らずのうちに体が悲鳴を上げているので、つらい営業のしごとはやめといたほうがいいでしょう!

 

製造業の仕事は楽しい?工場勤務のメリット3つを紹介

製造業はやめとけ!営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴とは?

 

製造業の中でも「工場勤務」は、仕事内容が合えば楽しいと感じられるでしょう。

そういうわけでここからは、工場勤務の3つのメリットについてお話していくので、さっそく見ていきましょう!

 

メリット1:マニュアルが整備されている

 

製造業の工場勤務は、決まった仕事をひたすらこなすことが多いです。

そのため、きちんと整備されたマニュアルに沿って業務に取り組めるというメリットがあります。

 

マニュアルを活用すると、作業者一人ひとりの「ムダ」や「ムラ」を減らせるんです。

わからないときはすぐにマニュアルを確認できるので、仕事が滞ることによるイライラやストレスを溜めずに済むでしょう!

 

このようにマニュアルは、効率よく仕事するために有効だということが分かります。

また、マニュアルが整備されていることで、新人への教育時間を短縮できるところもメリット。

 

指導者によって変わってくる手順が統一化されたり、より効率の良いやり方が受け継がれていくんです。

その結果、誰もが効率的に働けるでしょう!

 

メリット2:慣れれば考えなくてもできる仕事が多い

 

製造業の工場勤務は、慣れれば考えなくてもできる仕事が多いです。

なので、仕事に慣れさえすればストレスフリーで業務に取り組めて、快適に感じる人もいるでしょう。

 

体が仕事を覚えていくので、考えなくてもテキパキこなせるようになるんです。

単純に「お金を稼ぎたい」と考えている人は、できるだけ簡単な仕事を選びたいですよね。

 

ただし、機械を扱う業務は「慣れ」からくる事故やミスなどには気をつけなければなりません。

慣れていて考えなくてもできる仕事でも、「確認」を怠らないようにしましょう。

 

多くの人が仕事に対してストレスを抱えがちですが、製造業の工場勤務は慣れてしまえば「楽しい」と感じる人が多い職種です!

 

メリット3:テンポよく組み立てる作業が楽しい

 

製造業の工場勤務で「組立作業」の代表的なものは、自動車や家電製品です。

手作業やレーン作業など、どちらもテンポよくパーツを組み立てていくのが楽しくなってきます。

 

組立作業は決められた手順に沿って作業を行うため、未経験者でも慣れてしまえばサクサクこなせるのがメリットでしょう。

また、プラスチック製品の組み立ては「軽作業」に該当し、女性にも人気なんです。

 

女性に人気のプラスチック製品の組立作業は、冷暖房完備の工場が多く、力作業もありません。

快適な環境でテンポよく組み立てられるので、作業を楽しめます。

 

いずれにしても、ものづくりが好きで、かつ細かい作業も好きな人は「組立作業」に楽しく従事できるでしょう!

 

製造業に向いている人の特徴は?就職検討している人必見!

製造業はやめとけ!営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴とは?

 

現在、就職活動をしている人の中に、製造業の工場勤務を視野に入れている人がいるのではないでしょうか。

どんな人が向いているかを把握できれば、自分に当てはめて効率的に就職活動できるはず。

 

そういうわけでここからは、製造業の工場勤務に向いている人の特徴をご紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

 

特徴1:単純作業が好きな人

 

単純作業が好きな人は、製造業の工場勤務に向いています。

製造業の工場勤務は基本的に、指示書などをもとに同じ作業をひたすら繰り返すことがほとんどです。

 

なので、黙々と単純作業を続けられる人はチャレンジしてみるといいでしょう。

製造業の工場勤務は、組立作業や箱詰めなどのさまざまな職種があり、いずれにしても単純作業に変わりありません。

 

また、1人で作業を進めることも多く、集中して仕事に取り組めます。

接客や電話対応などにより作業が中断させられることがないので、自分の持ち場でひたすら業務をこなせるんです。

 

決められた仕事をコツコツやり続けるのが得意な人にはピッタリの仕事だと言えるでしょう!

 

特徴2:体を動かすのが好きな人

 

体を動かすのが好きな人は、製造業の工場勤務に向いています。

製造業の工場勤務は、力仕事が多かったり、工場内を動き回ったりする業種がたくさんあります。

 

事務作業のように椅子に座って作業する仕事もありますが、体を動かす職種のほうが多いと思っておいた方がいいでしょう。

体を動かすのが好きであれば、重量のある製品の運搬なども苦にならないはず。

 

就職先を選ぶ際、「体を動かす製造業の工場勤務」も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

体を動かすのが好きな人や、体力に自信がある人は、製造業のどの業種を選んでも問題なく勤まるでしょう!

 

特徴3:ものづくりに携わりたい人

 

ものづくりに携わりたい人は、製造業の工場勤務に向いています。

製造業の工場勤務では、「人々の生活に必要なものを作っている」という満足感や達成感を得られるのが醍醐味です。

 

ものづくりを通して人の役に立てれば、やりがいを感じるはず。

また、ものづくりに携わることで身近な製品の詳細部分を見られるので、仕事をしながら貴重な体験もできるんです。

 

さらに、同じ職場のベテランの人から技術を学ぶこともあるでしょう。

日本には「匠」と呼ばれる職人(技術にすぐれた人)がいて、製造業の工場でその腕を磨き、唯一無二の存在になります。

 

ものづくりが好きで携わっていると、「匠」も目指せるかもしれません!

 

まとめ

製造業はやめとけ!営業がつらい理由や製造業が向いている人の特徴とは?

 

今回は、『製造業の営業がつらい理由』についてお話ししてきました。

製造業の営業は社内での基盤がしっかりしていないことが多く、社員に対するフォロー体制が弱い会社が存在するんです。

 

しかし、ノルマはきっちりこなさないといけないため、社員が心身ともに追い込まれます。

一方、製造業の工場勤務ではメリットを活かしながら、楽しく働いている人が多い傾向です。

 

今回ご紹介した『製造業の工場勤務に向いている人』に当てはまる人は、ぜひ製造業を就職先の候補に入れてみてください!