文系SEはやめとけ?ついていけない?IT業界に向いている人の特徴もご紹介!

 

「文系SEはやめとけって言われているのはなんでだろう? 仕事についていけないのかどうかについて詳しく知りたい! 」

 

文系出身ながらSEとして働く「文系SE」。

一見良い就職方法に見えますが、「文系SEはやめとけ」「文系SEになっても仕事についていけない」という人もいるんです。

 

  • 文系SEになって後悔するケースとは?
  • 文系出身でもIT業界のSEに適性がある人はいるのか?
  • エンジニアに向いていない人の特徴とは?

など、文系SEという職業について知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『文系SEはやめとけといわれる理由』『文系SEに向いてる人の特徴』についてお話ししていきます。

SEに向いてない人についてもご紹介していくので、参考にしてみてください!

 

文系SEはやめとけと言われる理由!SEになって後悔したケースとは?

文系SEはやめとけ?ついていけない?IT業界に向いている人の特徴もご紹介!

 

文系出身の人がSEとして働く「文系SE」は、人気のある就職方法です。

ですが、「文系SEになって後悔した」という話を聞き、本当に目指して大丈夫なのか心配な人もいるでしょう。

 

この不安を解消するには、なぜそんなことを言う人がいるのかを知るのが一番です。

というわけでここでは、SEになって後悔するポイントを交えつつ、文系SEはやめとけと言われる理由についてお話していきます!

 

ITスキルが不足してると仕事についていけないからやめとけ!

 

「文系SEはやめとけ」と言われる理由としては、ITスキルが不足してると仕事についていけない点が挙げられます。

文系とはいえ、SEとして就職したら専門知識・技術を求められるんですね。

 

実はIT業界では深刻な人材不足が起きているので、SEになること自体はそれほど難しくないんです。

ですが、いざ文系SEになってみると、ITスキルがないことで業務に支障が出るケースも。

 

たとえば、ITスキルがない場合は専門用語がわからないので、仕事上の会話・説明の内容が理解できないときもあります。

また、プログラミングもできないので、一から勉強しつつ仕事をこなす必要があるんです。

 

このような状況で働いていると、周りの人と自分を比べてスキルの差を感じてしまい、精神的につらくなってしまうはず。

だからこそ、入社して後悔している人は、文系SEをおすすめしないんですね!

 

システムエンジニア(SE)は勤務時間が長くて激務だからやめとけ!

 

システムエンジニア(SE)という職種は、勤務時間が長くて激務な傾向がある点が特徴的です。

なので、この点をつらいと感じ、「文系SEはやめとけ」という人もいるんですね。

 

文系SEになると比較的高年収を実現できるので、収入重視で仕事を探している人が就職するケースは多いです。

ですが、SEは以下のように、過酷な条件で働く必要があります。

 

  • 繁忙期は終電まで仕事をする
  • システムトラブルが発生すると家に帰れないケースもある

 

また、文系SEはITスキルが不足しているので、ただでさえ激務なのに加えて、勉強にも力を入れなければなりません。

なので、労働時間・勉強時間に対して、収入が割に合わないケースもあるんですね!

 

システムエンジニアは納期厳守!ストレスに耐えられないならやめとけ!

 

システムエンジニアの仕事は、納期が設定されているものが多いです。

したがって、納期厳守を徹底する必要があり、常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになるんです。

 

なので、ストレスに耐えられないと思うなら、「文系SEはやめとけ」といえるでしょう。

文系SEとして就職した場合、納期前には仕事が詰まってしまって、長時間労働をするしかないケースもあります。

 

その結果、納期前は毎日終電まで働いたり、月何十時間もの残業をしたりするんです。

そうした働き方を続けていると精神的な負担が大きくなり、日に日にストレスが溜まっていってしまうでしょう。

 

このことから、ストレス耐性が低い人はSEを選ぶべきではないと考えられます。

もし文系SEを目指しているなら、自分がストレスに強い人間なのかについて、入社前によく確認しておくのがおすすめです!

 

文系出身でIT業界のSEに向いている人もいる?SEに向いてる人の特徴を紹介!

文系SEはやめとけ?ついていけない?IT業界に向いている人の特徴もご紹介!

 

文系出身でSEになった人は、ITスキル不足や激務が原因で後悔していることも多いです。

とはいえ、絶対に文系SEになるのはダメというわけでなく、文系出身でもSEの適性が高い人が存在します。

 

そう聞くと、どんな人が文系SEとして活躍できるのか気になるところ。

そういうわけでここからは、文系出身でIT業界のSEに向いている人の特徴をご紹介していきます!

 

ロジカルに物事を考えることが得意な人!

 

ロジカルに物事を考えることが得意な人は、文系出身であってもSEとして活躍できる可能性があります。

なぜなら、IT業界の仕事をこなすのに、論理的思考力があると有利だから。

 

たとえば、システム開発の業務を担当する場合、仮説を検証したり筋道を立てて考えたりする必要があります。

また、トラブルが生じると、現状を正しく分析して的確に対処しなければなりません。

 

「今は何が起きているのか」「何が原因でどこを直すべきか」など、さまざまなことを順序立てて考えていくんですね。

このように、SEとして就職すると、ロジカルに物事を考えて行動する機会は多いです。

 

したがって、そのように論理的な考え方ができるなら、文系出身ながらSEとして大成できるでしょう!

 

好奇心旺盛な人!IT業界でチャンスに恵まれやすい!

 

文系出身の人のうち好奇心旺盛な人は、以下のような理由から文系SEに向いていると考えられます。

 

  • IT業界は技術の進歩が速い
  • SEの仕事にはさまざまな分野の専門知識が必要である

 

IT業界は技術革新のサイクルがとくに速い業界として知られていて、新しい技術・製品が常に生まれ続けています。

なので、SEを長く続けるなら、これらの情報・技術を吸収するのが大切なんですね。

 

また、SEの仕事をこなすには、サーバーやセキュリティ、プログラミングなど幅広い分野の知識が必要です。

これらのことから、幅広い分野に興味がある人は、SEに向いているといえます。

 

好奇心が強く、トレンドに敏感なほど活躍のチャンスをつかめる仕事なので、ぜひ挑戦してみてください!

 

心も身体もタフであり、コミュニケーション能力に自信がある人!

 

心も体もタフであり、コミュニケーション能力に自信がある人は、文系SEとして活躍できる可能性があります。

SEの激務を乗り切るには、これらのポイントが非常に大切なんですね。

 

例を挙げると、SEの仕事では、一度決まった仕様が顧客の一存で変更になることも珍しくありません。

こうした顧客の理不尽な要望により、スケジュールが詰まって激務になることも。

 

そして、仕様変更が繰り返されるとストレスも溜まるので、心身ともに強い人しかSEの激務を乗り切れないでしょう。

また、コミュニケーション能力もSEの仕事における重要なスキルです。

 

なぜなら、SEとして就職すると、顧客の要望を聞き取ったりチームで仕事を進めたりする機会が多いから。

このように、タフさ・コミュニケーション能力が優れているなら、SEの適性は高いです!

 

こんな文系SEはやめとけ!エンジニアに向いてない人の特徴を解説!

文系SEはやめとけ?ついていけない?IT業界に向いている人の特徴もご紹介!

 

文系出身でもSEに適性があり、IT業界のSEとして活躍している人は多くいます。

しかしながら、逆に適性が低く、文系SEとして就職・転職すると後悔してしまう人もいるんですね。

 

そういうわけでここでは、エンジニアに向いてない人の特徴についてご紹介していきます!

 

感覚レベルで思考が止まりがち、物事を筋道立てて考えるのが苦手な人

 

「文系SEはやめとけ」といわれてしまうのは、感覚レベルで思考が止まりがちで、物事を筋道立てて考えるのが苦手な人です。

このような人はエンジニアの仕事との相性が悪いため、SEに向いていないんですね。

 

たとえば、何らかのシステムトラブルが発生し、その対応業務を担当するケースを考えてみてください。

この場合、エラー内容やシステムの現状に合わせて対処方法を考えることになります。

 

そして、的確に問題を解決するには、何が原因なのか・どこを直せばいいのかを論理的に導き出す必要があるはず。

もし感覚レベルで思考を止めると、思い込みでトラブル原因を決めつけてしまうでしょう。

 

その場合、予想と別の部分で異常が起きていたら、かえって原因究明まで長い時間がかかってしまいますよね。

だからこそ、物事を筋道立てて考えられないなら、SEは向いていないといえるんです!

 

毎日コツコツ勉強したりするのが苦痛、コミュニケーションが苦手な人

 

文系SEとして就職すると、毎日コツコツ勉強したり、社内外の人と積極的にコミュニケーションを取ったりする必要があります。

なので、これらに苦痛を感じる人・苦手意識がある人はSEに向いていないでしょう。

 

たとえば、IT業界は技術革新のスピードがほかの業界より速いので、SEは常に最新の情報・技術を取り入れなければなりません。

逆にいえば、しっかり勉強していないと、長く活躍するのは難しいということ。

 

また、SEはパソコン作業が主体の仕事ですが、チームメンバーや顧客の担当者とは密接な連携をとる必要があります。

だから、コミュニケーションがあまりに苦手だと、仕事をまともにこなせないんですね。

 

もし文系SEになりたいなら、勉強やコミュニケーションが苦手でないか今一度振り返ってみるのをおすすめします!

 

ITに関すること、プログラミングに興味がない人

 

ITに関することやプログラミングに興味がない人は、文系SEとして活躍するのが難しいと考えられます。

なぜなら、これらに興味を持てない場合、以下のように多くのデメリットがあるから。

 

  • 仕事をスムーズに進められなくなる
  • 残業が発生しやすくなる
  • 職場での評価が下がる
  • 顧客の信用を勝ち取れない
  • 出世しにくくなる

 

ITに関することやプログラミングに興味がない人は、これらの分野を勉強するのが苦痛になってしまうでしょう。

そうなると当然スキルアップできないので、仕事がスムーズに進まなくなります。

 

また、仕事ができるようにならないので、残業が増えたり周囲からの評価が下がったりと、ほかにも大きなデメリットがあります。

だからこそ、IT関連分野・プログラミングに興味が持てるかは重要なポイントなんですね!

 

まとめ

文系SEはやめとけ?ついていけない?IT業界に向いている人の特徴もご紹介!

 

今回は、文系SEはやめとけといわれる理由、そして文系SEに向いてる人の特徴についてご紹介しました。

文系出身ながらSEとして働く「文系SE」に興味がある人は多いです。

 

ですが、ITスキルが低すぎると仕事についていけなかったり、勤務時間が長かったりなど、大変なところもあるんですね。

就職後に苦労する人もいるので、軽い気持ちで就職するのは避けたほうが無難でしょう。

 

とはいえ、文系SEも悪い点ばかりではないため、適性さえあれば非常におすすめの仕事といえます。

今回はSEに向いてる人の特徴についても取り上げたので、ぜひ参考にしてみてください!