インフラ業界はやめとけ?つまらない?インフラ業界が向いてる人を解説!

 

「インフラ業界はつまらないからやめとけって本当?向いているのはどんな人?」

 

就職先を探している人の中には、安定感のあるインフラ業界が気になっている人も多いはず。

しかし、「インフラ業界はつまらない」という話を聞いて本当なのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

  • インフラ業界はやめとけと言われる理由とは?
  • インフラ業界の仕事がつまらないというのは本当か?
  • インフラ業界に向いているのはどんな人なのか?

など、インフラ業界について知りたいことは多いでしょう。

 

そういうわけでここからは、『インフラ業界はつまらないからやめとけと言われる理由』についての話を中心にお伝えしていきます。

インフラ業界に向いている人の特徴やホワイト企業の見極め方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

 

インフラ業界はやめとけと言われる理由とは?インフラ業界はつまらない?

インフラ業界はやめとけ?つまらない?インフラ業界が向いてる人を解説!

 

数ある業界の中でもホワイトな企業が多いことから、就職先として人気のインフラ業界。

ですが、中には「インフラ業界はやめとけ」と忠告する人も存在します。

 

一体なぜ、インフラ業界はやめとけと言われるのでしょうか?

ここからは、インフラ業界がつまらない・やめとけなどと言われる理由についてお話ししていきます!

 

そもそもインフラ業界とは?ホワイト企業が多い業界って本当?

 

インフラ業界とは、「インフラ」と呼ばれる日々の生活に欠かせないものに関わる業種のことです。

インフラの具体的な例としては、電気・ガス・水道・道路・公共施設・電話などが挙げられます。

 

インフラ業界では人々が生活する上で必須となるものを扱うため、需要が途絶えることはまずありません。

たとえ不景気であっても一定の需要があるので、インフラ業界は景気によって業績が左右されにくいという特徴があります。

 

安定した収入が見込めるだけでなくリストラなどのリスクも低いことから、インフラ業界は安心感を求める人に注目されがちです。

また、インフラ業界では安定的に需要があるので、きつい営業ノルマを課されることもほぼありません。

 

定時で帰宅できる企業も多いため、「ホワイト業界」として名が挙げられることも多くなっています。

 

インフラ業界でも下請けはコキ使われたりして大変な作業も多い?

 

インフラ業界は、基本的に時間外労働が少なくホワイトな企業が多いです。

しかし、下請け企業の場合は仕事内容が大変になる場合もあります。

 

たとえば、高速道路を作るとなると下請けの作業員が危険な作業を担うのは避けられません。

ごみの収集作業なども、現場に出ている人にとってはかなり重労働になります。

 

このように、インフラ業界であっても下請けになると大変な仕事が増える傾向にあるのです!

 

インフラ業界は仕事に成長や面白さを求める若者には退屈に感じる?

 

インフラ業界はやめとけと言われる理由として、多く挙げられるのが「つまらないから」。

そもそもインフラ業界の仕事とは、人々の生活が毎日変わりなく快適であるようにすることです。

 

そのため、仕事の質の高さよりもマニュアル通りであることやいつもと同じであることが求められます。

決められた通りにこなすのが仕事なので、工夫等を加えることはあまりできません。

 

つまり、毎日代わり映えのしない業務になりがちなのです。

なので、仕事に成長やおもしろさを求める若者にとっては、仕事内容が物足りなく感じる可能性があります。

 

人々の「当たり前」を作っていることに対してやりがいを感じられるかどうかが、インフラ業界への適性と言えるでしょう!

 

やめとけと言われるインフラ業界に向いている人は?向いてない人をご紹介!

インフラ業界はやめとけ?つまらない?インフラ業界が向いてる人を解説!

 

仕事内容がおもしろみに欠けることから「やめとけ」と言われることも多いインフラ業界。

本格的に就職活動をする前に、適性を確かめたいと感じている人は多いはず。

 

インフラ業界に向いているのは、どのような性格や考え方の人なのでしょうか?

ここからは、インフラ業界に向いている人・向いていない人の特徴を紹介していきます!

 

責任感が強い、社会貢献がしたい人!インフラ業界は生活を支える仕事

 

責任感が強い人や社会貢献がしたい人は、インフラ業界に向いています。

インフラ業界の仕事は少しでもミスをすると人々の生活に影響が出るため、適当にこなすことは許されません。

 

ルールにのっとってきっちり仕事をすることが求められるので、真面目さが必要なのです。

そのため、責任感が強く最後までしっかりやり遂げられる人は適性が高いと言えるでしょう。

 

また、インフラ業界は世の中にとってなくてはならない職業です。

「社会の役に立つ仕事をしたい」「人のためになることをしたい」という気持ちが強い人には、向いている業界だと言えます。

 

社会貢献できているという実感がやりがいに繋がるタイプの人は、業務内容が一定でも意欲的に仕事を続けていけるはずだからです。

インフラ業界の仕事は、人々から「あって当たり前」と思われているため感謝こそされません。

 

しかし、そんな状況でも責任感や社会貢献志向を持って仕事に取り組める人は、インフラ業界に向いているのです!

 

ストレスを上手に解消できる人!インフラ業界は地道で大変な仕事もある

 

インフラ業界で働くには、ストレスとうまく付き合う能力も必要となります。

なぜなら、インフラ業界の仕事には地道で大変なものも多いからです。

 

特に土木関連のインフラは、とても地道できつい作業が続きます。

うまくストレスを解消できないと、働く意欲が徐々になくなってしまう可能性があるのです。

 

また、インフラ業界では仕事のジャンルによって古風な体質が残っている場合も。

男性社会で女性にとって働きやすい環境が整っていなかったり、年功序列で上下関係に厳しい部分があったりする企業も多いのです。

 

そのような企業の体質によるストレスにも、うまく付き合う能力が求められるでしょう。

インフラ業界を目指すなら、自分なりのストレス解消法を見つけておくのがおすすめです!

 

成長や面白さを求める人にはつまらないかも?独立起業する道もあり!

 

インフラ業界の仕事は、基本的にはルーティンワークです。

そのため、毎日同じような仕事でつまらないと感じる人もいます。

 

インフラ業界では毎日一定のサービスを提供し続けることが仕事となるので、革新的というよりは保守的な業務です。

よって、成長を求める人はインフラ業界に満足できない可能性が高くなります。

 

また、クリエイティブな仕事におもしろさを感じる人にもインフラ業界は向いていないでしょう。

刺激的な部分が少ないので、どうしても仕事がつまらなく感じやすいからです。

 

仕事に成長やおもしろさを求める人がどうしてもインフラ業界で働きたい場合は、独立起業を目指す道もあります。

自ら企業の舵取りをすることで、インフラ業界でもおもしろさを感じやすくなるはずです。

 

インフラ業界を目指すなら?業界1位がホワイト企業になりやすい?

インフラ業界はやめとけ?つまらない?インフラ業界が向いてる人を解説!

 

比較的ホワイトな企業が多いインフラ業界ですが、中にはブラック寄りな会社も存在します。

時間外労働が少なく福利厚生は手厚いホワイト企業に就職するには、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?

 

ここからは、インフラ業界を目指す方に伝えたい「ホワイト企業の見極め方」について紹介していきます!

 

インフラ業界でもブラック企業は存在する?ブラック企業はやめとけ!

 

ホワイト業界として名が挙げられることの多いインフラ業界ですが、中にはブラック企業もあります。

下請け企業はきつくて地道な作業が多いため、ホワイトなインフラ業界のイメージとギャップを感じることが多いでしょう。

 

また、基本的には大手企業よりも中小企業の方がブラック率が高くなります。

中小企業の方が給与や福利厚生などの面でも劣る部分が多いため、できるだけ大手への就職を目指すのがおすすめです!

 

インフラ業界のホワイト企業の見極め方!ランキング1位がおすすめ?

 

インフラ業界でホワイト企業を見極めるには、まず大手企業をチェックするのがセオリーです。

代表的な大企業を選べば、給与の高さや福利厚生の手厚さ・コンプライアンスの徹底度などに高水準を期待できます。

 

そもそも企業がホワイト企業たるためには、しっかり利益を出していることが大切になります。

たくさん利益が出ている企業は社員に還元する余裕があるため、好待遇となる可能性が高いのです。

 

優良企業を見極める上で注目したいのは、売上高や営業利益率・労働生産性の3項目。

この3項目でランキング1位になっている企業は優良企業である可能性が高いため、ホワイトな労働環境が期待できます!

 

100%出資されてる上場企業の子会社もホワイト企業が多い!

 

インフラ業界でホワイト企業に就職したい場合は、基本的に大手企業を選ぶのがおすすめです。

しかし、小さな会社がいけないというわけではありません。

 

大手の上場企業から100%出資されている子会社は、ホワイト企業である可能性が高いでしょう。

なぜなら、100%出資されている子会社は親会社からサポートを受けられるため、利益を生み出しやすい傾向にあるからです。

 

給与面では大手に敵いませんが、親会社のブランドを利用できるので社会的な信用度が得やすくなります。

また、100%出資子会社であれば親会社と同程度の福利厚生も期待できます。

 

インフラ業界の代表的な大手企業は、競争率が高く入社は困難です。

小さめの会社を狙う場合は、大手から100%出資されている子会社にエントリーすると良いでしょう!

 

まとめ

インフラ業界はやめとけ?つまらない?インフラ業界が向いてる人を解説!

 

今回は、インフラ業界はやめとけと言われる理由について紹介しました。

ホワイト業界として名高いインフラ業界ですが、仕事内容のつまらなさから入って後悔する人もいます。

 

自分がインフラ業界に向いているかどうか、目指す前にしっかり確認しておきましょう。

インフラ業界に向いているのは、責任感のある人や社会貢献志向が強い人です。

 

反対に、仕事に成長やおもしろさを求める人には向いていないと言えます。

年功序列や男社会などの古い体制が残る業界でもあるので、向いていないと感じる人はやめておく方が良いでしょう。

 

インフラ業界の中でもホワイト企業と言われる会社に入社すれば、将来への不安を小さくできます。

企業選びをじっくり行い、働き続けたいと思える会社を探してみてください!