人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由や離職率を徹底調査

 

「人材業界はやめとけと言われるのはなぜだろう?闇・オワコンと言われる理由や離職率についても知りたい!」

 

人材業界、とりわけ人材業界の営業は「やめとけ」と言われることが多い仕事です。

それでも人材業界で働くことに興味があり、なぜ「やめとけ」と言われているのかについて知りたいと思うこともあるでしょう。

 

  • 人材業界はやめとけ、闇・オワコンと言われる理由はなにか?
  • 人材業界の離職率はどのくらいか?
  • 人材業界に向いていない人はどんな特徴があるのか?

などについて知り、後悔のない納得いく決断をしたいところ。

 

そこで今回は『人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由』についてお話していきます。

気になる離職率などについても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる3つの理由とは?

人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由や離職率を徹底調査

 

「人材業界はやめとけ、闇・オワコン」と言われるのにはそれなりの理由があります。

具体的な理由を知ることで、人材業界への理解がより深まるでしょう。

 

というわけで、『人材業界はやめとけ、闇・オワコンと言われる3つの理由』についてお話していきます!

 

理由1:営業先が多くて大変だから

 

人材業界はやめとけと言われる1つめの理由は『営業先が多くて大変』です。

なぜなら、人材業界のお客様になり得るのは『人手不足や社員の管理に困っている会社』と幅広く、営業先が膨大にあるから。

 

さらに、ほぼ全ての会社が人手不足や社員の管理に対しての悩みを持っています。

それゆえに、営業は永遠に新規開拓のために営業をし続けることになるんですね。

 

営業先が多すぎると新規開拓も大変、かつ企業に合わせたデータや知識の収集もそれだけ多く必要になります。

一見、営業先が多いのは利点のように思えますが、多すぎるのも労力がかかり過ぎるので問題なんですね。

 

幅広すぎる営業先は負担が大きく、やめとけと言われるのも納得です!

 

理由2:人力への依存度が高く、アナログだから

 

『人力への依存度が高く、アナログ』なことも人材業界はやめとけと言われる理由でしょう。

なぜなら、人材業界は労働集約型ビジネスなので、人が働き続けなければ売り上げの維持がむずかしいから。

 

人材業界はより多くの営業、より多くの求職者との面談によって利益を生み出しています。

この営業や面談は人の労働力と関わりがなくてはならないので、デジタル化がむずかしい分野です。

 

そのため、人への依存度がどうしても高くなり、アナログのままなので常に人力が必要で働き続けなければなりません。

デジタル化を進める企業が多いなか、いまだに人力への依存度が高くアナログな部分は時代遅れとも言えます。

 

そのため、人材業界はやめとけ、オワコンと言われても無理がありません!

 

理由3:求職者と採用者、両方のクレームがあるから

 

人材業界はやめとけと言われる3つめの理由は『求職者と採用者、両方のクレームがある』です。

人材業界では、仕事を探す求職者と採用者(企業)をつなぐのが仕事なので、板挟みになりがちなんですね。

 

求職者は「少しでも良い条件のところで働きたい」と考え、企業は「少しでもコストを抑えて人材を確保したい」と考えます。

このように、求職者と採用者は相反する考えを持っているのです。

 

そのため、間に入っている人材業界は(特に営業)両者が納得のいく落としどころを見つけて契約にこぎつけることもあるでしょう。

そうすると、どちらか、または両者が妥協することになるので、後からクレームが出ることも珍しくありません。

 

求職者と採用者ではクレームの内容も正反対であることも多く、板挟みになったときは相当神経をすり減らすはず。

仕事は生活に直結するのでクレームの内容も深刻だったり、長引いたりもします。

 

常にクレームの可能性を抱えながら働くのは精神的負担が大きいので、人材業界はやめとけと言われるのでしょう!

 

人材業界の離職率は?サービス業全体では36.4%と平均より高め

人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由や離職率を徹底調査

 

人材業界はやめとけと言われる理由を知り、気になるのが離職率ではないでしょうか。

人材業界の離職率は平均36.4%と言われていて、日本の平均離職率8.1%と比較すると高いことがわかります。

 

これは、人材業界は顧客の都合に合わせて働かざるを得ないため、ワークライフバランスが取りづらいからでしょう。

例えば、求職者や企業の都合によって突発的に仕事が入ったり、休日出勤になったりすることもあります。

 

休日にも関わらず、求職者から連絡がくることもあるでしょう。

また、求職者は仕事をしながら転職先を探して入る場合も多く、連絡が夜に集中しがちなことがあります。

 

そうなると、自分がもう退勤しているのに連絡がくることも十分あり得るんですね。

これを苦に思わず、やりがいを感じられる人であれば良いですが、つらく感じる人の方が多いと想像できます。

 

ワークライフバランスの取りづらさから人材業界は平均に比べ高い離職率になっているのでしょう!

 

人材業界の営業がやばい!人材業界に向いていない人の特徴とは?

人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由や離職率を徹底調査

 

人材業界、とりわけ営業がやばいと言われる理由は先述した通りですが、それでも働いてみたいと思う人もいるでしょう。

仕事選びは興味関心のほかに、適性があるかどうかも大切です。

 

そこでここでは『人材業界に向いていない人の特徴』についてお話していきます。

適正とミスマッチな業界に入ると、働く事自体が苦痛になり、辞めたくなることもよくあるのでぜひ参考にしてみてください!

 

特徴1:人の話を聞くのが苦手な人

 

人材業界に向いていない人の特徴1つめは『人の話を聞くのが苦手な人』です。

なぜなら、人材業界の業務は求職者と企業の仲介・調整役なので人の話を聞くのが苦手だとそれぞれの要望を理解できないから。

 

それぞれの要望を理解できないまま業務を進めると相手の要望を満たせないので、当然成約する可能性は低くなります。

その結果、営業成績が伸ばせず、仕事で結果を残すのはむずかしいでしょう。

 

ノルマがある場合も多いので、営業成績が伸びないと昇進や昇給も望めず、次第に仕事への意欲を失うかもしれません。

人の話を聞くのが苦手だとそもそも仕事にならないので、人材業界には向いていないと言えます!

 

特徴2:自分のペースで仕事がしたい人

 

『自分のペースで仕事がしたい人』も人材業界に向かない人の特徴です。

なぜなら、人材業界で働く場合、どうしても求職者や企業の都合に合わせて動かざるを得ないことがあるから。

 

例えば、休日や退勤後に求職者や担当企業から連絡がきたり、相手の都合で面談の日程を再調整したりすることもあります。

いつ連絡がくるかわからない、裏を返せばいつでも連絡がくる可能性があるんですね。

 

そのため、自分のペース優先ではなく、相手の都合に合わせて臨機応変に動ける対応力や柔軟性が求められます。

人材業界は予定が狂ったり、乱れたりすることがあるので、自分のペースで仕事がしたい人には向かないでしょう!

 

特徴3:人に対する好き嫌いが激しい人

 

人材業界に向かない人の3つめの特徴は『人に対する好き嫌いが激しい人』です。

なぜなら、求職者と企業をつなぐ人材業界は多くの人とコミニュケーションをとる機会が多いから。

 

おとなしい人、元気な人、物事をハッキリ言う人、あまり主張をしない人……実にさまざまな人との関わりがあります。

そんな仕事だからこそ、どんな性格の人でも受け入れられる、合わせられる能力も大切な要素なんですね。

 

人に対する好き嫌いが激しいとコミニュケーションがうまく取れず、仕事が円滑に回らないので人材業界に向いていません。

ただし、人に対する好き嫌いが激しかったとしても、仕事と割り切れる人であれば人材業界でもやっていけるでしょう!

 

まとめ

人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由や離職率を徹底調査

 

今回は『人材業界はやめとけ!闇・オワコンと言われる理由』についてお話ししました。

人材業界はやめとけと言われるのは激務なだけでなく、求職者と企業の板挟みからくる精神的負担があるからでしょう。

 

また、求職者と企業の都合に合わせて動かざるを得ないことも多く、ライフワークバランスの取りにくい仕事でもあります。

このことは、離職率が36.4%と平均より高く「やめとけ」と言われるのも納得です。

 

それでも、人材業界は求職者の就職先を見つけることを通して、人の役に立つ実感を持てるやりがいのある仕事とも言えます。

人材業界を志す場合、以下のような特徴のある人は向いていないので、この点についてはよく考えるべきです。

 

  • 人の話を聞くのが苦手な人
  • 自分のペースで仕事がしたい人
  • 人に対する好き嫌いが激しい人

 

これらの特徴を持った人は、残念ながら人材業界には向いていません。

今回お話した内容を参考に自分にできそうか、向いていない特徴を持っていないかを考えてみると良いでしょう!