aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由を徹底調査

 

「AIエンジニアはやめとけと評されるのはなぜ?なぜ激務・きついと言われるの?」

 

AIの開発に興味があり、AIエンジニアを目指している人は多いことでしょう。

しかし、「AIエンジニアはやめとけ」と言われているのを知って、不安に感じている人もいるのではないでしょうか?

 

  • AIエンジニアはなぜ「やめとけ」と言われるのか?
  • AIエンジニアが激務・きついと評される理由は何なのか?
  • AIエンジニアに向いているのはどのような人なのか?

など、AIエンジニアを目指す上で知りたいことは多いはず。

 

そういうわけで今回は、『AIエンジニアはなぜやめとけと言われるのか?』という話を中心に、『AIエンジニアが激務になる理由』についてお伝えしていきます。

AIエンジニアに向いている人の特徴についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由とは?

aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由を徹底調査

 

AIを開発する技術者であるAIエンジニア。

収入が比較的高く注目されやすい職業ですが、経験者からは「AIエンジニアはやめとけ」との声が聞かれることもままあります。

 

AIエンジニアが激務・きついと言われるのには、どのような理由があるのでしょうか?

ここからは、「AIエンジニアはやめとけ」と言われる主な理由を3つ紹介していきます。

 

理由1:数学の知識が求められる

 

AIエンジニアがきついと言われる理由のひとつが、高度な数学の知識を要求されるからです。

AIエンジニアは、高い専門性が必要な業種。

 

ほかのエンジニア業種では使わないような数学の知識も要求されるため、「ついていけない」と感じる人が多くなるのです。

AIエンジニアは、具体的に言うと微分積分や線形代数といった分野の数学を多用します。

 

線形代数は大学数学の分野なので、理数系の大学で学んでいないとかなりきついと感じるでしょう。

また、数学以外にも統計学やプログラミングの知識も必要となるので、AIエンジニアに要求される知識レベルはとても高度です。

 

このような知識がないままAIエンジニアになってしまうと、まず前提知識の勉強から始めなくてはならないため苦労するでしょう。

そのため「なんとなくかっこよさそう」「年収に惹かれて」などの理由でAIエンジニアになると、挫折する人が多くなります!

 

理由2:幅広い分野でスキルアップが必要

 

AIエンジニアには、プログラミングだけでなく幅広い分野でのスキルアップが求められます。

なぜなら、AI開発の分野は現在進行形で進化を続けているため、新しい技術や理論が次々と出てくるからです。

 

常に知識や技術をアップデートして最新に保っておかないと、時代のニーズに合った最先端のAIを生み出せません。

勉強した知識がすぐに古くなる状況の中で、新しい研究や論文から学び続けなくてはならないのがAIエンジニアの業務なのです。

 

AIエンジニアは、時間とともに仕事に慣れると楽になる、という業務内容ではありません。

そのため、AI開発に興味を持って取り組める人でないと続けていくのは難しくなります。

 

開発業務だけでなくスキルアップに割く時間も必要なので、激務だと感じる人が多いのです!

 

理由3:基本デスクワークなので運動不足になる

 

AIエンジニアは、基本的に椅子に座ったままパソコンへ向かうという形で仕事をします。

性格上ずっと座っているのが苦手なタイプの人は、AIエンジニアの業務を「つらい」と感じやすいでしょう。

 

AIエンジニアは、仕事中はほぼ1日中座りっぱなしとなるため、運動不足になる可能性が高いです。

長時間座りっぱなしで運動不足の生活が続くと、健康上のリスクが高くなる恐れがあります。

 

デスクワークが原因で全身の血流が滞ることで、さまざまな病気の引き金となることも起こりえるのです。

また、体調面だけでなくメンタルヘルスの面でも、座りっぱなしは悪影響を及ぼすことが分かっています。

 

さらに、ドライアイやVDT症候群をはじめとする目への影響も心配です。

日頃から意識的に運動できる人でないと、AIエンジニアを続けるうちに心身の健康への影響が出てくる可能性があるでしょう!

 

aiエンジニアに向いている人の特徴は?好奇心のある理数系!

aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由を徹底調査

 

「AIエンジニアはやめとけ」と言われる主な理由は、その専門性の高さや常に成長し続けなくてはならない環境にありました。

挫折しやめてしまう人も多いAIエンジニアですが、中には「天職だ」と感じてずっと続けている人もいます。

 

AIエンジニアに向いているのは、どのような人なのでしょうか?

ここからは、AIエンジニアに向いている人の特徴について紹介していきます。

 

特徴1:理数系が得意な人

 

AIエンジニアは、数学をはじめとする高度な理数系の知識が求められる職業です。

そのため、理数系が得意な人はAIエンジニアへの適性が高いと言えます。

 

プログラミングや数学・統計学などの知識がある理数系であれば、AIエンジニアの業務を比較的とっつきやすく感じるはずです。

とくに、線形代数やプログラミング・統計学などの知識があると有利に進められます。

 

畑違いの文系からAIエンジニアを目指す場合と比べると、かなりハードルが低くなるでしょう。

さらに、理数系が得意な人は数学的知識が豊富なだけでなく、理論的に考える能力も高い場合が多いです。

 

理論立てて考える思考力はAI開発に欠かせないものなので、そういった面でも理数系は有利だと言えます。

このように、理数系が得意な人は前提知識の時点でAIエンジニアにとても有利な要素を持っているのです!

 

特徴2:AIという概念に興味がある人

 

AI開発の分野では、常に最先端の知識を追い求めなくてはなりません。

そのため、AIへの興味・関心はAIエンジニアにとって不可欠な要素です。

 

AIの概念に興味が持てない人は、AIエンジニアの業務を「つらくて過酷だ」と感じて挫折しやすくなります。

なぜなら、常に知識をアップデートして先へ進まなくてはならないAI分野に対して、苦痛を感じてしまうからです。

 

AIエンジニアが知識を追い求め続けるための活力として、知的好奇心は必須。

「もっと知りたい」「良いものを作りたい」という気持ちが強い人であれば、AIエンジニアとして意欲的に仕事ができるはずです。

 

また、AIという概念に興味がある人は、自分から課題を発掘し試行錯誤できます。

粘り強さも期待できるので、AIエンジニアに向いていると言えるでしょう!

 

特徴3:最先端のテクノロジーを追求したい人

 

AIエンジニアは常に最新の技術や知識を取り入れてこそ、価値あるものを生み出せる職業です。

そのため、最先端のテクノロジーを追求したい人はAIエンジニアへの適性が高いと言えます。

 

次々に発表される研究や論文を進んで勉強する姿勢は、AIエンジニアの必須条件。

最新技術を学び続けるのが苦にならず、最先端テクノロジーを「早く試してみたい」と思える人はAIエンジニアに向いています。

 

AIエンジニアに求められるスキルアップが自然と行えるため、楽しんで仕事ができるはずです!

 

AIエンジニアが不足?IT企業の70%以上が「人材不足」と回答

aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由を徹底調査

 

AIエンジニアが「やめとけ」と言われるくらいに激務なのは、高度な専門性もさることながら、人材不足にも原因があります。

AIエンジニアは、数学やプログラミングなどのハイレベルな知識だけでなく、常に努力し続けることも求められる職業です。

 

そのため、挫折する人が多くなかなか人材が定着しません。

人材不足であるがゆえに業務量が分散されず、激務になる可能性が高いのです。

 

実際、IT企業の70%以上がAIエンジニアについて「人材不足である」と回答しています。

つまり、AIエンジニアは現在需要よりも供給が少ない状態なのです。

 

AI自体の需要は高まっているものの、開発者がなかなか育たないのが問題となっています。

AIエンジニアは、未経験でもチャレンジすることは可能な職業です。

 

需要が高い分、知識を身につければ誰にでもAIエンジニアになる道は開けていると言えます。

激務と言われるAIエンジニアですが、向いている人であればやりがいを感じながら仕事ができるはずです。

 

「やめとけ」という言葉に惑わされず、自分の適性を見極めてみてください!

 

まとめ

aiエンジニアはやめとけ!激務・きついと言われる理由を徹底調査

 

今回は、AIエンジニアはやめとけと言われる理由についてご紹介しました。

AIエンジニアが激務・きついと言われる理由は、ハイレベルな専門知識が必要となるからです。

 

必要な知識がないままAIエンジニアになると、勉強しなければならないことが多すぎて「つらい」と感じるでしょう。

また、AIエンジニアには常に学び続ける姿勢も求められるため、勉強が苦になるタイプの人には向いていません。

 

AIエンジニアに適性があるのは、学習意欲が高い人です。

AIの概念や最先端テクノロジーに興味を持てる人は、AIエンジニアとして活躍できる可能性を秘めています。

 

AIエンジニアは、人材不足が叫ばれる職業。

過酷な部分もありますが、注目のAI開発に携われる魅力的な仕事です。

 

どのような業務内容なのか知った上で「やってみたい!」と思える人は、挑戦する価値があるのではないでしょうか。