【WHITE ALBUM】アニメ無料動画(全話あり)【アニレンサ】見逃し配信を全話フル視聴できるVODサイトまとめ

\この作品を無料視聴するならココ!/

配信サービス配信状況無料期間
配信あり
31日間無料
今すぐ見る
本日から10月27日まで無料!

\この作品を無料視聴するならココ!/

放送 2008年
話数 全26話
制作会社 セブン・アークス
監督 吉村明吉田泰三
声優 森川由綺:平野綾/緒方理奈:水樹奈々/藤井冬弥:前野智昭/澤倉美咲:高本めぐみ/ 河島はるか:升望/篠塚弥生:朴璐美/観月マナ:戸松遥/七瀬 彰:阪口大助/緒方英二:速水奨/松山めのう:宍戸留美
公式Twitter WHITE ALBUM2【アニメ公式】
OPテーマ 深愛
夢幻
EDテーマ 舞い落ちる雪のように
赤い糸

WHITE ALBUMのあらすじ・ストーリー

平凡な大学生活を送る藤井冬弥はアイドルの森川由綺と交際していた。仕事と大学の合間を縫って互いに想いを確認し合う2人。だが、彼女の人気が上昇するにつれ次第にその距離は広がっていく。由綺と同じ芸能プロダクションのトップアイドル理奈との出会いなど、それは2人の関係に何をもたらすのだろうか……。

WHITE ALBUMの動画配信サービス一覧

\この作品を無料視聴できるVOD一覧/

配信サービス配信状況無料期間
配信
31日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
2週間無料
今すぐ見る
配信レンタル
2週間無料
今すぐ見る
配信
31日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
30日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
31日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
無料期間なし
今すぐ見る
配信レンタル
14日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
2週間無料
今すぐ見る
レンタル
30日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
2週間無料
今すぐ見る
レンタル
入会月無料
今すぐ見る
配信レンタル
30日間無料
今すぐ見る
配信レンタル
30日間無料
今すぐ見る
レンタル
初回無料
今すぐ見る
レンタル
1ヶ月無料
今すぐ見る

登録までの流れ

  1. U-NEXTの公式サイトへアクセス
  2. 「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
  3. お客様情報を入力、「次へ」をクリック
  4. 決済方法を選択し、情報を入力
  5. 入力情報を確認し、間違いがなければ「送信」をクリック
  6. 「ご登録ありがとうございました」と表示されたら完了!

※決済方法について:デビッドカードでの決済は一部を除いてできなくなっております。一番のオススメは「キャリア決済」です。

登録から視聴まで5分ほどで完了する簡単なものとなっています。


視聴方法

  1. U-NEXTの検索から作品名を入力
  2. 検索結果から視聴したい作品をクリック
  3. 視聴開始

※検索については「ひらがな」打ちでもしっかり反映されますので、非常に便利です。


解約方法

  1. U-NEXTのメニューから「設定・サポート」を選択し、クリック
  2. 「契約内容の確認・変更」を選択し、クリック
  3. ”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
  4. 解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
  5. 任意のアンケートに回答(回答なしでもOK)
  6. 解約時の注意事項を確認し、「同意する」に✔︎、「解約する」をクリック
  7. 「解約手続き完了」と表示されたら完了!

※残りのポイントは「マイページ」上に表示されます。解約する前にポイントを利用してしまうのがオススメです。

  • 月額料金:1990円(無料期間終了後に課金開始)
  • 無料期間:31日間
  • 解約料金:0円
  • ポイント付与:1200P(無料期間中は600P)
  • アニメ作品数:見放題3400本(レンタル250本)
  • マンガ作品数:320000作品
  • ラノベ作品数:40000作品
U-NEXTの6つの特⻑
  • 190,000本以上が⾒放題!最新レンタル作品も充実。
  • 「観る」と「読む」がひとつのアプリで。毎⽉もらえる1,200ポイントでお得に。
  • マンガの購⼊などは、最⼤40%※をポイントで還元。
  • ファミリーアカウントをつくれば、もっとお得。
  • ダウンロード機能で、いつでもどこでも視聴。

注意
kissanimeやanitubeなどの海外の違法動画サイトを利用しウイルスに感染する被害が続出しています



スマートフォンやPCの修理代金を支払う羽目になり、結果高くつくケースもあります

「アニレンサ」は公式VODサービスの利用をおすすめします

本日から10月27日まで無料!

\この作品を無料視聴するならココ!/

1話 そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ

1986年11月-夕凪大学の二年生・藤井冬弥はある朝悪夢にうなされる。それは恋人である新人アイドル・森川由綺の夢…。寝坊でバイトを初日からすっぽかしてしまった冬弥は仕方なく大学に向かう。学内でTV番組の収録に向かう由綺と偶然会うが、二人は短い会話を交わすのみに留まる…。「…会えなくなるんだから。今よりもっと」冬弥は大学の先輩、澤倉美咲からの忠告も今ひとつ実感を持ってとらえられない。友人の七瀬彰の紹介で喫茶店“エコーズ”でバイトすることになった冬弥。一方、東央テレビのスタジオでは、由綺と同じ事務所の先輩にしてトップアイドル・緒方理奈の出演する番組の収録が始まろうとしていた。アシスタントとして出演する由綺は、彼女や理奈を敵視するアイドルグループ「桜団」の嫌がらせを受け窮地に陥るが…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第2話 ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?

TV番組の収録を終えた由綺は所属事務所の社長であり、かつて音楽界のスターだった緒方英二の自宅に呼び出される。その頃、冬弥は幼なじみであり現在も同じ大学に通う、河島はるかの突然の訪問&散歩に連れ出されていた。遅れて緒方邸に到着した理奈は、英二の部屋でなぜか泣きじゃくる由綺に遭遇する…。翌日、“エコーズ”でバイトをする冬弥のもとに不自然な変装の二人組が現れるが、それは由綺と理奈だった。由綺は仕事に向かい、店内に残った理奈は冬弥に紙ナプキンに書いたメッセージを手渡す。「電話番号 おしえて」―――。”

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第3話 手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ

理奈から提案されたバイト「マネージャーのヘルプ」。明日からの現場には由綺も一緒だという。“エコーズ”との掛け持ちもOK。冬弥は提示された条件よりも、由綺に会いたい一心で家庭教師のアルバイトをキャンセルする。翌日現場に向かうと理奈のマネージャーは解雇され、冬弥は英二から未経験にも関わらずヘルプから正規マネージャーへの昇格を告げられる。しかし彼は、その後の収録現場での態度が理奈の逆鱗に触れ、厳しく叱責されてしまう。理奈の本当の思いは…?

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第4話 想像を超えてわかり合えてるって、感じる時がある。逆の時も多いけどね

土曜日、理奈の取り計らいで冬弥と由綺は、久々にデートできることになった。行く先は母校、蛍ヶ崎高校。そこで由綺から「秘密の半分」が明かされる…。当日の未明、理奈は電話で冬弥に待ち合わせの時間と場所の変更を告げ、自分との時間を作ろうとする。だが、冬弥はうっかり理奈の指定した時間と場所を間違えてしまう。待ちぼうけの中、冬弥は蛍ヶ崎高校の三年生、観月マナに出会う。奔放で勝気なマナに振り回される冬弥。そして二人は蛍ヶ崎高校に向かうが…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第5話 邪魔をするのが、近しい人間だけとは限らない。知らない人ほど、手厳しい

翌朝、冬弥を由綺のマネージャー・篠塚弥生が待ち受けていた。由綺と冬弥の軽はずみな行動は、芸能ゴシップ記事の格好の餌食になってしまう可能性があることを説かれる。弥生はかつて理奈が陥った罠を引き合いに出し、冬弥に由綺から手を引いて欲しいと暗に迫る。その夕方、弥生の突然の訪問を受けた冬弥は、誘いを断りきれず夕凪市街に二人で外出する。帰りの車内、冬弥は弥生に唇を奪われる。逃げるように自分の部屋に帰り着いた冬弥は美咲が学祭に向けて書いた演劇部の台本を目にする。台本をめくる彼に電話のベルが鳴る…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第6話 悩みを忘れるいい方法。他人のトラブルに首を突っ込んでみるってのは、どう?

「今夜は寝ません。待ってます」—はるか経由で由綺からの伝言を聞き、困惑する冬弥のもとに泣いて取り乱す美咲から電話が入る。台本自体は演劇部に採用されたが、美咲と因縁のある演劇部部長・田丸の嫌がらせで、衣装と小道具まで作ることになってしまった、という。期限は二週間と少しだけ。そんな美咲に冬弥は快く協力を申し出る。落ち着きを取り戻す美咲。電話を終え由綺のマンションに走る冬弥は、玄関前に停まる弥生の車を発見し、踵を返す。翌日、思い直した冬弥は再び由綺のマンションを訪れるが、由綺は不在。由綺はその頃、スタジオ”Tri-Sad”にいた。英二が書下ろした由綺のデビューシングル、「White Album」のレコーディングが始まる…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第7話 イメージはどんどん構築しなきゃ。ただでさえ、端から崩れてくものなんだから

由綺はデビュー曲「WHITE ALBUM」のレコーディングを無事終える。そのころ冬弥と美咲は、泊り込みで衣装と小道具を作るため冬弥の実家を訪れていた。翌日、冬弥は家庭教師のバイトのため、前回門前払いにされた観月邸に赴く。そこにいたのは由綺とのデートの日に出会った少女・マナだった。マナは出題した問題に易々と解答し、冬弥の舌を巻かせる。その帰り、駅まで迎えに来た美咲と“エコーズ”に立ち寄った冬弥は、二人で食事中、店にやってきた理奈に出くわす…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第8話 時間がない時ほど、多くの事ができる。やってしまう。もちろん、恋だって

理奈の圧倒的なヴォーカルに触れ、衝撃を受ける冬弥。英二も彼女を評して自分には「やることがない」、とさえ言う。しかし同時に、レコーディングされた由綺の「未完成」な歌に触れた冬弥は、たまらずにスタジオを飛び出す。追ってきた理奈は冬弥に自分と英二、そして由綺の音楽について語る。同じ頃、精神の均衡を崩したはるかは街をさまよい、男達に絡まれるが、偶然通りかかったマナによって助けられる。冬弥は締め切りが近づき、追い込みとなった美咲との作業に日々没頭していった。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第9話 思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言

演劇部のゲネプロ当日、冬弥と美咲は小道具と衣装を完成させた。しかし、田丸は本番までにそれらの色彩を「モノトーン」に変更しろという。途方に暮れる冬弥と美咲に、冬弥の父が協力を申し出る。三人で徹夜し、なんとか間に合わせることに成功したが、寝坊してしまった冬弥は学祭での由綺のステージを見逃してしまった。翌日、演劇部の本番。開演直前に訪れた冬弥と美咲は、講堂前で田丸に門前払いをくらう。不当な扱いに怒った美咲は、冬弥を連れて閉鎖された講堂の二階に侵入するが…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第10話 一人相撲が虚しいのは、一人だからってだけじゃない。観客の目が、痛いんだ

講堂で怪我をした美咲は病院に一泊し、付き添った彰と急速に距離を縮める。「桜団」を擁するMMミュージック代表・神崎樹と緒方プロ・英二との間で交わされた密約により、理奈はコンサート会場の変更を余儀なくされてしまった。英二の横暴に対して、理奈は交換条件を出す。それは冬弥を再び理奈の専属スタッフとして雇うことだった。由綺はコンサートに向けた「ケジメ」として、冬弥への手紙を、弥生に託す。理奈と共に“エコーズ”に来店した冬弥は、美咲に声をかけるが一緒にいた彰に冷たく突き放される。冬弥との会話でヒントを得た理奈は、クリスマスイブのコンサートでの大胆な計画を思いつく…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第11話 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで

英二はクリスマスイブのコンサートをめぐる密約…緒方プロとMMミュージックの勝敗を決める、「観客動員値」の秘密を明かす。理奈は、事務所のゴミ箱から発見した「手紙」について弥生に詰問するが、その答えは…。完璧主義者の理奈はコンサートに向け、一切の妥協を廃したハードなリハーサルを続ける。そのすぐ傍で「仕事」としてそれを見守る冬弥。マナは、はるかと一緒に自転車でツーリングに出かける程の仲になっていた。そんな日々の中、由綺との関係に悩む冬弥は、弥生の前で感情をさらけ出して…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第12話 縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと

冬弥は、弥生との関係を理奈に明かすが、「危険すぎる」と咎められる。翌日、理奈は“エコーズ”で冬弥のバイト終了をVIPルームで待つが、冬弥は弥生の車で帰ってしまう。弥生を自らの部屋に招き入れ、さらに深みに嵌っていく冬弥。”Club Calma”の楽屋で理奈は、由綺が冬弥に宛てた「手紙」を読み聞かせる。由綺の、そして自分の本当の気持ちに気づいた冬弥は、号泣しながら理奈のもとを飛び出す。由綺のコンサートに行く――決心したものの、肝心のチケットが手に入らず途方に暮れる冬弥に友人たちは…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第13話 器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね

クリスマスイブ――さまざまな想いを抱いてコンサートが始まった。夕凪公会堂での由綺のコンサートに訪れた冬弥は、客席からステージの彼女を眩しく見つめる。デビュー曲「White Album」にのせて去来する二人の思い出…。「まだ終わりじゃない」…理奈は“Club Calma”での白熱のライブを終えるものの、休む間もなく猛スピードで移動を始める。その行く先は!?ライブ終了後、バックステージに呼ばれた冬弥は由綺から大きなプレゼントを渡される。別れ際、由綺は冬弥にささやく「好き」――。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第14話 チューニングが合ったためしがない。もっと良好な場所があると思ってしまう

クリスマスイブのコンサート終了後、持病の発作で倒れた冬弥の父は病院に収容される。翌日、冬弥の父を由綺が見舞いに訪れるが、外出していた冬弥とは行き違いになってしまう。神崎樹はイブのコンサートを無断でキャンセルし、行方をくらませていたM&MM所属の歌手・松山めのうを発見し、激しく叱責する。そして「観客動員値」をめぐる賭けの「戦利品」として緒方プロに運び込まれた絵画を前にした英二は…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第15話 見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない

英二によるレッスンが中止になった由綺は冬弥の父が入院する病院を訪れた。屋上で語り合う冬弥と由綺。由綺は自らがふともらした一言から自分を責め始め、冬弥の前で涙を流す。由綺は「指定席」――冬弥の背中に身を預け、落ち着きを取り戻す。そして大晦日。由綺は冬弥のアパートを訪れ、二人は口付けとともに新年を迎える。1987年が始まる…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第16話 小さい頃を想って、恥ずかしさに身悶えすることがある。それに比べれば

正月を自宅で過ごす予定だった冬弥の父は容態が急変し、再び入院する。冬弥は父の容態が思わしくないことを知らされる。数日後、緒方プロで会議が開かれる。「ビーナス音楽祭」――毎年二月に行われる若手女性歌手の登竜門であり、理奈が一度も出場のチャンスを与えられなかった舞台について…。「ビーナス」には各プロダクションから一人もしくは一グループしか出場できないという原則があった。英二の思惑を理解した理奈は、突如「独立」を宣言し席を立つ…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第17話 バレてほしい嘘がある。信じてほしくないホントウがある。一つずつ、ある

緒方プロからの独立を宣言した理奈を雨の中、由綺は必死に追いかけ、復帰を懇願する。しかし理奈の決心が翻ることはなかった。落ち着きを取り戻した由綺は、理奈と「WHITE ALBUM」レコーディング時の思い出を語り合う。一方、英二は樹と彼女のコンサルタント・三角から絵画の前オーナーからの返却もしくは買取の要請が来ていると報告する。だが、それは樹達が仕組んだ策略だった…。英二は言われるがままに所有するスタジオ”Tri-Sad”を差し出すが、額面には届かない。対価に英二が提案したものとは…?

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第18話 虫が良すぎるんじゃない?殻に閉じこもってるくせに、閉所恐怖症なんて

記者会見で明かされた理奈の移籍先。それはライバル関係にあると目されていた神崎樹のM&MMだった。理奈の移籍とほぼ同時に桜団も解散を発表し、副団長のサリーがソロデビューすることになる。由綺は冬弥の父の病室を一人訪れる。二人は冬弥について語り合うが…。冬弥は緒方プロでの最後の仕事を終えた理奈に会うため、TV局の楽屋に現れる。気丈に振舞っていた理奈だが、冬弥に肩を抱かれ彼女の中で何かが崩れ去る。「キスして、藤井君」―――

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第19話 飽きるから次に進めるという。大抵は、進む前にもう飽きてるみたいだけど

冬弥と入れ替わりで理奈の楽屋に現れた由綺は理奈自身の口から冬弥とキスをしたことを告げられる。そして理奈のアシスタントとして冬弥もM&MMへ行くことも…。衝撃を受け、取り乱す由綺。自分を打てという理奈の言葉に、由綺は自分の手を傷つけてしまう。週明け、M&MMに冬弥を伴って出社した理奈は、樹からめのうのレコーディングへの協力を命じられる。スタジオで冬弥はイブのコンサート当日、夕凪公会堂前で出会った女性がめのうだったことを知る。自分のアルバムにも関わらず、曲の完成度に無関心なめのうは理奈にレコーディングを任せ、冬弥と二人話し込む…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第20話 恋愛は理屈じゃない。そう語り合う恋人達は、詩人、評論家、哲学者

冬弥が帰宅すると部屋の前にめのうが待っていた。冬弥の部屋に上がっためのうは我が家のように気ままに振舞うが、現れた事務所のスタッフに連行されてしまう。英二は樹から手に入れた「少女の絵画」を贋作と断じ、真作を求め続けていた。英二の目に見えていた絵画の正体とは…。由綺は英二に真実を告げる。理奈はがら空きのスケジュールの中でも冬弥に付き添われながら地道な自主練習に励んでいた。冬弥は弥生との関係を未だ断ち切れない…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第21話 別れ道まで戻りたいと思う。右にすれば良かったって。後悔だけのそんな道程

冬弥達をつけまわしていた影…理奈のマネージャーだった平良木が物陰からカメラを構えていたところを田丸に声をかけられる。平良木は緒方プロ関係者への復讐を企てていたようだがそこに田丸が付け入ろうとする…。家庭教師でマナの部屋にいた冬弥は偶然現れた母の樹に発見される。冬弥の妄想と断じていた由綺との交際や、理奈のマネージャー業を事実と知ったマナは突然激昂し、家を飛び出してしまう…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第22話 口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから

家を飛び出したマナの行方を追ってはるかの山荘までやってきた冬弥。そこには捨てたはずのテニスの練習に打ち込むはるかがいた。美咲は田丸に突然声を掛けられ、ある記事のライターの仕事をしないか、と持ちかけられる。提示される冬弥と弥生の密会の写真。美咲は自分と田丸がよりを戻すことを条件に写真の公開をやめるよう提案するが断られる。危機を救ったのはめのうだった。田丸とは面識があるようだったが…。冬弥の記事の代わりにめのうが田丸に提供するという”ネタ”とは…?

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第23話 看病や手料理を期待して、風邪をひきたくなる。後の苦しみは想像もしない

「明星音楽祭」への出場が決定した由綺は、本番に向け練習に明け暮れる。一方M&MMからはめのうが出ることになった。知らせを聞いた理奈はめのうとナツコがレコーディングを行っているスタジオを訪れるが…。冬弥の父は病床で遠い日の夢を見る。そこには幼い由綺がいた…。そのまま目覚めることなく彼は逝く。葬儀を終え実家の遺品を美咲とともに整理し、父の在りし日の思い出を語る冬弥。突如美咲の前で涙を流し、二人は抱き合う。「今日だけだよ」――

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第24話 夜は何もしてくれないよ。色あせるのは太陽のせいだし

めのうのスキャンダルは衝撃とともに世間に受け止められ、同時に英二の絵画取引をめぐる詐欺・脱税疑惑も報じられる。加熱する報道を避けるため冬弥の部屋に押しかけるめのう。冬弥はどうしてもめのうとの初めての出会いがいつだったか思い出せない。一方理奈はめのうの代わりに「明星音楽祭」への出場を宣言する。自分ではなく、めのうのレパートリーで…。英二の隠れ家を訪れた由綺は全てを失ったと言う英二を慰める。抱きしめあう二人。由綺は英二の胸の中で瞳を閉じる――

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第25話 他人が悪い。自分は悪くない。他人だけが悪い。自分だけが――

劇物の混入された飲み物を口にした理奈は、声を出すことが出来なくなってしまう。弥生は由綺の「障害」ではなくなった冬弥に別れを告げる。三角の陰謀により詐欺容疑で警察に自主し、拘束される英二。めのうは冬弥の人生に現れ続けた「女神」の秘密を明かす。そして「明星音楽祭」当日。ステージに現れた由綺は…。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

第26話 僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく

「明星音楽祭」当日。由綺は用意されたレパートリー、「恋色空」ではなく、「POWDER SNOW」のイントロを弾き始める。それに合わせ演奏を始めるバックバンド。そして途中からもうひとつの歌声が重なる――現れたのは声を取り戻した理奈だった。エコーズで彰と語る冬弥は封印していた記憶を取り戻す。幼い日、ある夏の思い出は――。

引用:dアニメストア

今すぐアニメを見る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA